エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

化粧品 成分 エイジングケア

アミノ酸を含んだ化粧水が人気!?肌にどんな効果が期待できる?メリット・デメリットを解説

更新日:





サプリメントやスポーツ飲料ですっかりおなじみのアミノ酸ですが、エイジングケアが気になる女性にとっても、それは身近な存在です。

エイジングケア専用の化粧品にもアミノ酸が配合されていることが増えてきました。

 

中でもアミノ酸が配合されている化粧水が非常に人気が高いです。

かなりの種類が市販されているので、使ってみたことがあるという人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこで、アミノ酸化粧水はどういうものかについてまとめました。

アミノ酸化粧水を使ったことがある人も、使ったことがない人も、アミノ酸化粧水が気になる人にはぜひ参考にしていただきたいです!

 

アミノ酸とは?

日頃から当たり前のように使われているアミノ酸という言葉ですが、実際にアミノ酸とはどういうものなのでしょうか。

アミノ酸というのは、たんぱく質の原料となっている成分であり、人間の身体に備わっているものです。

 

ペプチド結合という言葉を聞いたことはありますか。

アミノ酸とアミノ酸が決められたルールで続々つながっていくその状態のことです。

もしその繋がっているアミノ酸が50個未満であれば、それはペプチドと言われるものになります。

それが50個以上を超えているようであれば、それはたんぱく質です。

アミノ酸はペプチドとたんぱく質の原料ということができますが、そのつながる数によって、どちらになるか決まるということですね。

 

アミノ酸とたんぱく質のはたらき

たんぱく質は栄養素として非常に重要なものです。

人間の身体の20%ほどはたんぱく質で成り立っています。

人間の身体の60%は水分であり、その水分以外で考えてみると、たんぱく質が半分以上を占めているということになりますね。

その証拠に、筋肉や骨、内臓はたんぱく質で構成されています。

また、髪の毛、血液、爪やホルモンにいたるまでもたんぱく質です。

 

身体を作っているのはたんぱく質だと言っても言い過ぎではないかもしれません。

その上、身体の代謝など、生命活動のさまざまな場面でたんぱく質が関係してきています。

たんぱく質がないと人間は生きることができません。

アンチエイジングや美容に使用する以前に、生きるためにたんぱく質は欠かせない存在なのです。

 

アミノ酸のつながり方一つで種類が分かれるたんぱく質ですが、人間の身体においては、10万種類ほどあると言われています。

 

アミノ酸の種類

そんなに多いたんぱく質の種類ですが、一方、もととなるアミノ酸の種類は20のみです。

意外に少ないですよね。

たんぱく質の種類が非常に多かったので、アミノ酸についてはたった20種類しかないと思ってしまいがちです。

でも、この20種類のアミノ酸が生命活動を維持するために必要不可欠なのです。

 

その20種類のアミノ酸ですが、それを大きく2つに分けてみましょう。

まず一つ目としては、必須アミノ酸という、私達の体内では合成ができないアミノ酸です。

そしてもう一つが非必須アミノ酸。

こちらは体内にて合成が可能です。

体内で合成ができない必須アミノ酸については、食物を通して摂取しなければなりません

 

必須アミノ酸
  • BCAA(イソロイシン、ロイシン、バリン)
  • ヒスチジン
  • リジン(リシン)
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン(トレオニン)
  • トリプトファン

 

非必須アミノ酸
  • アスパラギン
  • アスパラギン酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • システイン・シスチン
  • グルタミン
  • グルタミン酸
  • グリシン
  • プロリン
  • セリン
  • チロシン

 

必須アミノ酸として挙がっているものは、栄養素として体外から取り込む必要があります。

 

お肌のアミノ酸を知ろう!

続いては、もう少し焦点を定めて、肌とアミノ酸の関係についてお話します。

 

天然保湿因子(NMF)

最初にお話しするのは、天然保湿因子であるNMFです。

表皮の角質層にあり、保湿の3大因子と呼ばれているものです。

ちなみに他の二つは、皮脂膜と、セラミドが半分を占めている角質細胞間脂質です。

 

NMFの組成ですが、その4割をアミノ酸が占めています。

ピロリドンカルボン酸及びその塩が12%、乳酸塩が12%、尿素が7%、そして、ミネラル塩や有機酸及びその塩なども含まれています。

次にアミノ酸の内訳を見てみましょう。

NMFにおけるアミノ酸は、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、トレオニンで構成されています。

 

また、NMFにおいてはアミノ酸の次に含まれる割合の高いピロリドンカルボン酸ですが、実はこれもアミノ酸の代謝物であり、もともとはグルタミン酸から作られています。

アミノ酸がいかにNMFにおいて重要な役割を占めているかお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

そんなNMFですが、年齢を重ねるごとに減る一方です。

そのため、どんどん肌のツヤがなくなってしまいます。

それを補うために、アミノ酸化粧水を使うことが勧められています。

 

角質

表皮の角質層の中でも、一番表面に存在する角質もたんぱく質であり、肌を守るのに役立っています。

ケラチンという単語を聞いたことはあると思いますが、ケラチンという高たんぱく質の一種が角質の主な成分です。

シスチンのペプチド結合により生成されているのがケラチンであり、髪の毛や爪といった身体の部位の成分ともなっています。

 

コラーゲンとエラスチン

コラーゲンやエラスチンについても、主な成分はアミノ酸となります。

どちらもたんぱく質であり、真皮に存在しているものです。

肌のハリを保ったり、弾力を生み出したりする成分の大半がアミノ酸でできているということになりますね。

 

コラーゲンの主成分はグリシン、プロリン、アラニンであり、エラスチンの主成分はロイシン、アラニン、グリシン、プロリン、バリンとなります。

コラーゲン、エラスチン、どちらも減ってしまうと肌の弾力が失われてしまいます。

そして、たるみが起きてしまい、その結果、ほうれい線やたるみ毛穴、シワの原因となってしまいます。

そのような悩みを生み出さないためにも、ーゲンやエラスチンを形成しているアミノ酸を積極的に摂取したいですね。

 

ただ、食べ物やサプリメントで摂取した分に関しては、代謝とともにペプチドやアミノ酸レベルにまで分解されてしまいます。

そのままの形でコラーゲンやエラスチンとなるということではありませんので、その点注意してくださいね。

 

化粧品成分としてのアミノ酸とそのはらたきの基本

これまでもよく耳にしていたアミノ酸という言葉ですが、このようにまとめてみると、身体にも肌にも必要不可欠な成分であることがよくわかりますね。

ここからはさらに、化粧品成分に特化して、アミノ酸の役割について見ていきましょう。

 

化粧水に含まれるアミノ酸とは?

化粧品成分の全成分表示を見ていると、

 

「アミノ酸」

 

という記載がないことに気付くでしょう。

そうです、パッケージなどによく表示されている全成分表示では、アミノ酸という一括りでは表示されず、アミノ酸の細かい種類で表記されています。

たとえば、ヒドロキシプロリン、グリシン、プロリン、アラニン、セリンなどがそれです。

 

また、アルギニン、グルタミン酸、リシン、トレオニン、PCA-Na等もアミノ酸とまとめて表記されることはありません。

一つ一つ、その名前が記載されています。

 

化粧水に含まれるアミノ酸のはたらきは?

化粧品の成分として主に水溶性のアミノ酸が使用されています。

化粧水にとって、非常に相性のよい成分であり、保湿効果に期待することができます。

アミノ酸の水分を保持する方法は、

 

「水分を吸着する」

 

というものです。

ちなみに、他の保湿成分であれば、水分を挟み込むことで保湿したり、水分を抱え込むことで保湿したりというタイプがあります。

水分を吸着して肌に潤いをもたらすアミノ酸は、化粧水に使われることで、乾燥を防いだり、乾燥からくるくすみや小じわを改善したりするのに役立っています。

乾燥はさまざまな肌悩みをもたらします。

毛穴や肌荒れも乾燥が原因となることも多く、アミノ酸化粧水で対策をすることができます。

 

代表的なアミノ酸の作用

では、代表的なアミノ酸の効果についてご説明していきます。

よくアミノ酸化粧水に配合されている成分に絞ってご紹介しますね。

 

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)

これらのアミノ酸は、肌のターンオーバーが正常に作用するよう助けてくれます

そのおかげでシミの対策もできます。

中でもBCAAは、コラーゲンを合成する際にサポートをしてくれ、エイジングケアにはもってこいです。

これらのアミノ酸とビタミンC誘導体(APPS等)を一緒に使うことで、より一層シミ対策にもエイジング対策にも効果が感じられることでしょう。

 

セリン

セリンは天然保湿因子であるNMFを構成するアミノ酸の中の1つです。

肌に潤いを与える成分です。

 

プロリン

コラーゲンの生成をサポートするアミノ酸であり、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

 

アスパラギン

角質層の細胞分裂を促進してくれる役割があるのが、このアスパラギンです。

この働きのおかげで、ターンオーバーは正常になりますし、バリア機能も正常化されます。

 

アミノ酸化粧水の効果とメリットとデメリット

アミノ酸化粧水の効果とメリット

アミノ酸化粧水を使うことで、肌にとってどんなメリットがあるのでしょうか。

アミノ酸の特徴として、分子量が小さいということが挙げられます。

そのおかげで肌に非常に浸透しやすいのです。

もう一つ、アミノ酸は弱酸性です。

これは肌と一緒であり、肌にとって優しい成分なので、敏感肌でも使えるということはかなり大きなメリットですよね。

 

また、アミノ酸はイオン導入にも向いています。

ビタミンC誘導体やプラセンタもそうですが、マイナスイオンを帯同させるイオン導入で使用すれば、さらに効果がアップします。

肌の奥に浸透させるので、ただつけるよりも効果的なのですね。

 

美白成分であるトラネキサム酸もイオン導入にぴったりです。

こちらも、必須アミノ酸のリシンから人工的に合成されたアミノ酸の一つだからです。

アミノ酸化粧水は刺激が少ないというメリットがあり、安全に使うこともできますね。

乾燥肌の人だけでなく、混合肌でもインナードライ肌でも、もしくは脂性肌の人でも使用できます。

敏感肌であっても問題なく使用できることがほとんどであり、あらゆる肌質の方から重宝されています。

 

こうやって見てみると、アミノ酸化粧水にはずいぶんたくさんのメリットがありますね。

エイジング対策としても頼りになる存在だと思います。

男性にとっても使いやすい化粧水なのではないでしょうか。

 

アミノ酸化粧水にデメリットはないの?

そこで気になるのは、アミノ酸化粧水のデメリットですよね。

これだけメリットがあれば、すぐにでも使いたいと思いますが、念のためデメリットを確認してからにしましょう。

デメリットを探してみたのですが、そこまで大きな問題はありませんでした。

 

一点、保湿力が若干弱いかもしれないと思うことがありました。

それは、セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカン等と比べてみた結果です。

これらの成分よりも保湿力は多少劣る部分があります。

アミノ酸配合だけではなく、こういった保湿成分も一緒に配合されているとより効果が高いということです。

よって、通常市販されているアミノ酸化粧水であれば、ほとんどが同時に配合されていますので、問題ないかと思います。

消費者としては、アミノ酸以外の成分もきちんとチェックしてから購入するようにすればよいでしょう。

 

エイジングケアはアミノ酸化粧水だけに頼らない

エイジング対策を考えた時に、アミノ酸化粧水だけに頼るというのはよくありません。

これは、アミノ酸化粧水だからというわけではなく、どんな化粧品であっても、その1つのアイテムに頼りきりになるのは避けた方がよいです。

特に化粧水には油性の保湿成分がほとんど配合されておらず、これ一つでエイジングケアが完了するというわけではないのです。

 

シアバターやスクワランといった成分は油性の保湿成分です。

このような油性成分は水分の蒸発を防ぐという大切な保湿成分としての働きがあります。

化粧水にこれらが配合されているのは非常にまれであり、配合されていたとしても非常に少ないことが常です。

 

いくら優れたアミノ酸化粧水であったとしても、化粧水という性質上、保湿やエイジングケアにとって必要十分な成分が全て配合されているというわけではないのです。

自分の肌質や今の肌の状態、それに季節に合わせて、美容液や乳液を使ったり、保湿クリームを取り入れるなどしてみましょう。

 

まとめ

アミノ酸化粧水が今非常に人気ということですが、これだけメリットが多ければ、それは納得できますね。

アミノ酸は肌に優しいので、どんな肌質の人も使えます

さまざまな肌トラブルやエイジングの悩みは、乾燥が多かれ少なかれ原因となっています。

アミノ酸化粧水を上手に利用することで、乾燥対策を行っていきましょう。

もちろん化粧水という特性上、油分など補いきれない部分もありますので、他の化粧品ともうまく併用していってくださいね。

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★









よく読まれている記事

-化粧品, 成分, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.