エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

エイジングケア

エイジングケアの目的・意味を知ってる?細胞の老化を防いて素肌力を上げるコツとは?見逃せない内容を徹底解説

投稿日:





女性にとってエイジングケアという言葉はとても身近なものです。

化粧品コーナーやCMで

 

「〇〇歳からのエイジングケアを始めましょう!」

 

と目にしたことがある方も多いと思います。

しかし、その一方でエイジングケアの本来の目的や意味を知らない人が多いのが現状です。

 

そこで今回は、エイジングケアの目的や意味、素肌力をアップするポイントについて解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

エイジングケアの意味とは?

エイジングケアの”エイジング”は

 

『加齢』

 

という意味を持っています。

つまり、エイジングケアとは加齢に伴う肌の老化や肌トラブルを予防することを目的としたケアだということが分かります。

ただし

 

『エイジングケア=中高年層が行うケア』

 

ではありません。

肌の老化は年齢を重ねるとともに徐々に進行しているため若いうちからケアをするのが望ましいです。

 

アンチエイジングとエイジングケアの違い

エイジングケアと似た言葉にアンチエイジングがあります。

意味も似ているのですが、アンチエイジングという言葉は医薬部外品以外の化粧品には使うことができません

 

なぜかと言うと、アンチエイジングはエイジングケアよりも効果が強いという意味合いを持っているからです。

詳しくは下記の通りです。

 

  • 医薬部外品に登録されている化粧品・・・厚生労働省が規定している成分が配合されており、老化を予防する効果があることが立証されている
  • 医薬部外品以外の化粧品・・・加齢による肌の老化を予防する成分が配合されていない(もしくは含有量が足りていない)ため、老化を予防することが立証できない

 

そして、エイジングケアは医薬品用語ではなく造語です。

医薬部外品以外の化粧品がアンチエイジングと似た効果が得られることを消費者に伝えるために

 

加齢に伴う肌の老化が予防できますよ

 

という意味でエイジングケアという言葉が出回るようになったのです。

 

エイジングケアの本当の意味と目的は?

エイジングケアは肌の老化を止めることはできません。

本来の意味は

 

肌そのものの働きのサポートをして肌の老化を予防すること

 

です。

健康な状態の肌は化粧品に頼らずとも自らコラーゲンやセラミドを生成できますし、常に潤いのある肌を維持することができます。

 

しかし、紫外線や生活習慣の乱れなどによって肌内部の働きが衰えると肌の老化が進行してしまいます。

それを防いで健やかな肌を維持するのがエイジングケアなのです。

 

エイジングケア化粧品は医薬品ではありませんので、すでにできているシミやそばかすを消すような効果はありません

あくまでも

 

『肌の状態を改善してキレイな素肌を維持するサポートをしてくれるもの』

 

程度に考えておきましょう。

 

肌の仕組みと老化の原因を知って正しいエイジングケアをしよう

エイジングケアをする前に加齢に伴う肌の老化を予防することが大切です。

いくら化粧品に頼っても、普段から肌にダメージを与える生活を送っていては意味がありませんからね。

 

下記はどれも肌にダメージを与えるものです。

これらを防ぐことがエイジングケアの第一歩でもあります。

 

  • 紫外線ダメージ
  • 酸化
  • 糖化
  • 乾燥
  • 女性ホルモンの減少
  • 血管やリンパ管の劣化
  • 真皮芽細胞の衰え

 

加齢に伴う肌の老化は、若いときにエイジングケアを怠った結果が数年・数十年後に肌に現れたものです。

 

「最近紫外線をたくさん浴びたからシミができたんだわ」

 

という人がいますがそれは違います。

最近浴びた紫外線は、さらに数年後・数十年後にシミやそばかすとなって肌に現れるのです。

このことから、普段浴びている紫外線や生活習慣も肌の老化に大きく関係していると言えます。

 

お肌の仕組みとエイジングケア

正しいエイジングケアを行うには肌の仕組みをしっかりと理解することが大切です。

例えば角質や角栓、毛穴という言葉はよく耳にしますが、表皮や真皮、皮下組織、真皮芽細胞などの言葉や意味を理解していますか?

肌は表面ではなく内側のケアをすることがとても大切です。

これらの言葉を少しでも理解していないとエイジングケアをしても満足した効果は得られません

 

そして肌の内側のケアは化粧品ではできません。

なぜなら化粧品は肌の奥深くにある真皮や皮下組織まで浸透しないからです。

 

「美容成分が肌の奥深くまで浸透!」

 

と謳っている化粧品もありますが、そのほとんどは米印で小さく

 

「角質層まで」

 

などと注意書きがされています。

 

つまり、肌の内側からケアをするにはサプリメントを摂取したり食生活や生活習慣の改善が必要になるということです。

 

健やかな表皮はターンオーバーで決まる

表皮とは肌の表面の皮膚のことです。

薄さは0.2ミリほどしかないのですが、外部の刺激から肌を守ってくれる大切な役割を果たしています。

正常な肌は周期的にターンオーバーを繰り返して肌に不要なものを排出していますが、ターンオーバーが乱れると肌トラブルが頻繫に起こるようになります。

 

また、外部の刺激が多すぎるとバリア機能が働いて肌表面の角質がどんどん分厚くなってしまいます。

角質が分厚くなるということはそれだけ化粧品が浸透しにくくなって汚れが蓄積されていくということです。

 

ターンオーバーの周期には個人差がありますが、20代で約28~30日、30代で37~40日程度と言われています。

そして40代を過ぎると周期は45日を超えることも珍しくありません。

 

そのため、同じ時期にエイジングケアを始めても20代と40代では効果が出るまでにが出てきます

 

ターンオーバーと素肌の潤いの関係性

ターンオーバーが正常に行われることで、古い角質が剝がれ落ちて新しい細胞やヒアルロン酸などの成分が生み出されます。

そして表皮の上で皮脂や汗が肌に膜を張って外部の刺激から守ってくれているのです。

ターンオーバーが正常化しなければこれらの仕組みはうまく作用しませんし、どんどん肌の老化が進んでしまいます。

 

ターンオーバーの正常化でキレイな素肌に

ターンオーバーが乱れる原因は実に様々で、例えば女性ホルモンの乱れや偏った食生活が原因であることもあります。

一方で、スキンケアを怠ったり紫外線対策が不十分であってもターンオーバーが乱れてしまいます。

このようにターンオーバーは些細なことで簡単に乱れてしまうのです。

そのためキレイな素肌を手に入れるにはターンオーバーを正常化することが重要になります。

 

生活習慣を見直そう

エイジングケアは化粧品だけで完結するものではありません。

日ごろの生活習慣を見直して規則正しい生活を送り、体の内側から体質を改善する必要があります。

乱れた生活習慣を改善するのは大変かもしれませんが、美肌と健康のためにもできることから徐々に始めましょう。

まずは下記の項目からあなたができそうなものを試してみてください。

 

  • バランスの取れた食事
  • サプリメントで栄養補給
  • 週の半分以上は湯船に浸かる
  • 適度な運動(ウォーキングやストレッチなど)
  • マッサージで血行促進
  • メイクをしたまま寝ない
  • 睡眠不足の解消

 

すべて実践するのは大変ですが、1つだけだったらできそうだと思いませんか?

まずはできることから1つずつ始めてみてくださいね。

生活習慣が変わればライフスタイルも大きく変化すること間違いなしです。

 

エイジングケア化粧品で老化の予防を

エイジングケア化粧品に限らず、自分の肌質に合ったスキンケアを行うことが大切です。

 

「〇〇さんがおすすめだと言っていたから」

 

「口コミで高評価だったから」

 

という理由で選ぶ方が意外と多いのですが、それではあなたの肌質に合っているかどうか分かりませんよね

自分の肌質が分からない・どんな化粧品が合うか分からないという方は一度化粧品コーナーのカウンターでカウンセリングを受けることをおすすめします。

なかなか足を運びづらい場所ではありますが、キレイな素肌を維持するためにもぜひ一度見てもらってください。

自分が思っていた肌質と違ったり、肌に合うスキンケア化粧品が普段使っているものと全然違うかもしれませんよ。

 

角質ケアで素肌力アップ!

ターンオーバーが乱れると角質はどんどん蓄積されていきます。

ターンオーバーで排出されるものが肌の表面に留まってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど角質も分厚くなっていきます。

そうなると不要な角質をすべて落とすのはとても大変です。

普段のクレンジングや洗顔だけでは落としきれないことが多いので、ピーリングなどのスペシャルケアを行いましょう。

 

ただし、ピーリングは肌の角質を削り落とすものなので毎日のケアには向いていません。

週に1回を目安に行いましょう。

古い角質がなくなることで化粧品が肌に浸透しやすくなります。

 

エイジングケアの基本!お肌の潤いを守るバリア機能とは?

バリア機能とは、一言で説明すると

 

外部の刺激から肌を守ってくれるもの

 

です。

これは主に角質層の作用によるものです。

先ほども簡単にご紹介しましたが、角質層の厚みは0.2ミリほどしかありません。

しかし、この0.2ミリの厚さが肌にとっては必要不可欠なのです。

 

「バリア機能ならもっと分厚いほうが良いのでは?」

 

と考える方もいらっしゃると思いますが、角質層が分厚くなりすぎるとターンオーバーが乱れて肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

そのため0.2ミリ程度の厚さがちょうどいいのです。

 

バリア機能を正常化して効率の良いエイジングケアを

バリア機能を正常化するには肌にしっかりと潤いを与えることが大切です。

肌が乾燥したまま放置していると、キメが乱れてシワやたるみができやすくなってしまいます。

 

「汗っかきだから」

 

「脂性肌だから」

 

化粧水だけでケアを終わらせる人がいますがこれは絶対にNGです!

化粧水は時間の経過とともに蒸発してしまうので、乳液などの油溶性の保湿剤で膜を張らなければなりません。

肌質に関係なく、肌の水分量の減少は肌の老化を促進させるということを覚えておいてください。

 

そして季節に合わせた化粧品を使うことも大切です。

例えば肌が乾燥しやすい冬と汗をかきやすい夏では、肌の水分と油分のバランスが大きく異なります。

このとき同じ保湿力の化粧品を使うのは適切だとは言えませんよね。

季節によって化粧品を変えるのは面倒くさいですが、透明感のある肌を維持するためにも使い分けるようにしましょう。

 

乾燥肌の改善には保湿力の高い成分を選ぼう

一口に美容成分と言ってもその種類は膨大です。

そして美容成分のすべてが配合されている化粧品は存在しません

それぞれの化粧品ごとに何かしらの美容効果に特化した成分が配合されています。

乾燥肌に悩んでいる方には下記の成分が配合されている化粧品がおすすめです。

 

  • スクワランオイル
  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • 椿オイル
  • マカダミアナッツオイル

 

成分名を見ると分かるように、どれも油溶性のオイルとなっています。

油溶性の成分は肌の表面に膜を張って外部の刺激から守ってくれます

ただし油溶性の成分が配合されている化粧品はこってりとしたテクスチャーのものが多いので、ニキビができやすい方や脂性肌の方は注意が必要です。

 

紫外線対策は1年中行うべし!

紫外線ダメージは肌に様々な悪影響を及ぼします。

シミやそばかす、ほうれい線、シワ、くすみなどの肌トラブルはどれも紫外線が関係しています。

これは肌が紫外線ダメージを受けることでメラノサイトの活動が活発になり、シミの原因となるメラニンが大量に生成されるからです。

そして大量に生成されたメラニンはターンオーバーでも排出しきれず、上記の肌トラブルとなって私たちの肌に現れるのです。

 

紫外線=夏のイメージが大きいですが、紫外線は1年中降り注いでいます

紫外線を直に浴びないためにも、紫外線対策は夏の間だけではなく季節を問わず毎日行いましょう。

 

セラミドを増やす食生活で乾燥肌を改善

肌の老化を予防するには食生活の改善が必須です。

特にビタミン類や亜鉛・鉄などの成分が含まれている食品を積極的に食べましょう。

乾燥を防ぐ食べ物やセラミドを増やす食べ物を意識的に摂りましょう。

おすすめの食品・食材を下記に載せているので参考にしてください。

 

  • 大豆
  • 黒豆
  • こんにゃく
  • ひじき
  • わかめ
  • ごぼう
  • 黒コショウ

 

正しい洗顔・クレンジングでセラミドを維持

1日に何回も洗顔をしたりゴシゴシとクレンジングをするのは厳禁です。

過度な洗顔は肌に必要な皮脂までを洗い流してしまいますし、肌をゴシゴシこするとシワやたるみの原因となってしまいます。

クレンジングは指先でクルクルと優しく馴染ませ、洗顔は1日2回を目安にモコモコの泡で洗いましょう。

肌が弱い方や乾燥肌の方はダブル洗顔不要のクレンジングフォームを使うと良いですよ。

 

お肌の細胞の力とエイジングケアの関係とは?

透明感のある健やかな肌を維持するには、肌本来の力が正常に作用していることが重要です。

周期的にターンオーバーが行われている肌は、不要な角質や余分な皮脂がなくキメが整っています。

そして薄い角質が肌を覆っているため肌トラブルが起こることもほとんどありません。

 

これは肌の内部の真皮芽細胞でコラーゲンやセラミドが生成されているからです。

肌本来のハリやツヤを維持するためには、これらの成分を生成している細胞そのものの働きが活発でなければなりません

 

お肌の細胞とエイジングケア

表皮の細胞

表皮には表皮幹細胞という細胞が存在しています。

表皮幹細胞では肌が生まれ変わるために欠かせない

 

『表皮角化細胞』

 

が生成されています。

そして表皮角化細胞が生成されるためには、紫外線や乾燥などの肌へのダメージを軽減する必要があります。

なぜなら、肌へのダメージを放置しておくと細胞そのものが損傷してターンオーバーが乱れてしまうからです。

 

真皮の細胞

真皮にも

 

『真皮幹細胞』

 

という細胞が存在しています。

主に真皮芽細胞という細胞を生み出す役割を担っています。

そして真皮芽細胞には

 

『美肌の三大要素』

 

と言われる美容成分を生成する作用があるため、真皮芽細胞が生成されればされるほどコラーゲンやセラミドが生成されやすくなるということになります。

真皮そのものが紫外線ダメージを受けることはほとんどありませんが、肌の表面がダメージを受けると真皮でメラニンが大量に生成されます。

そうするとシミやそばかすとして肌に残ったりくすみとして現れてくるのです。

このことからも肌トラブルを避けるためには紫外線対策が必須だと言えます。

 

細胞の衰えを防ぐエイジングケア

肌の老化を防ぐには、細胞の衰えを防いで美容成分の生成を維持することが重要です。

細胞の衰えをエイジングケア化粧品だけで予防するのは難しいですが、肌の表皮をしっかりとケアすることで外部の刺激を受けづらくすることができます。

そのためには下記の成分が配合されている化粧品でケアを行いましょう。

 

  • ナールスゲン
  • ネオダーミル
  • レチノール
  • レチノイン酸トコフェリル
  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • 両親媒性ビタミンC誘導体

 

抗酸化作用のある成分で細胞を守ろう

肌内部の活性酸素の働きが活発になると肌が老化してしまいます。

活性酸素の抑制には抗酸化作用のある成分でケアをするのがおすすめです。

抗酸化作用のある成分はたくさんありますが、中でも下記の成分が配合されているものが良いでしょう。

 

  • エルゴチオネイン
  • フラーレン
  • コエンザイムQ10
  • プラセンタ
  • ビタミンE誘導体
  • リコピン

 

化粧品でケアを行うのも大切ですが、普段からビタミン類が豊富に含まれているものや抗酸化作用が期待できる食品・食材を摂取するようにしましょう。

エイジングケアには偏った食生活を改善することも欠かせません。

 

糖化を防いで健やかな細胞づくりを

糖質を摂取しすぎると、体内で消費しきれずに過度に余った状態となります。

そうすると糖質が活性酸素と同様の働きをして肌の老化を促進してしまいます。

糖化を防ぐためには糖質の多い食事を控えて野菜やタンパク質が豊富な食べ物を摂取しましょう。

例えば甘いお菓子やアイスクリーム、パンやお酒を控えるだけで糖質の摂取を減らすことが可能です。

好きなものばかりを食べて偏った食生活を送っている方は今すぐに改善しましょう。

 

まとめ

エイジングケアの目的や意味は理解できましたか?

エイジングケアは化粧品だけでなく生活習慣の改善も必要となります。

肌質を改善するにはある程度の時間がかかりますが、根気強くケアを続けて健やかな肌を手に入れましょう。

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★









よく読まれている記事

-エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.