エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

シミ エイジングケア

シミを消したいなら種類と原因から!各対策法でダイレクトケアを目指そう

投稿日:





「あれ、こんなところにシミが・・・」

 

気づいたときには時すでに遅し。

できてしまったシミを治すのは一筋縄ではいきません。

そしてシミの原因や種類を特定できなければ有効な対策方法は”ない”と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、シミは種類や原因によって治療方法が異なるからです。

ある種類のシミには有効な治療法が別のシミには逆効果になることもあります。

 

そこで本記事では、シミの種類や原因別に対策方法をご紹介していきたいと思います。

ぜひこの機会にエイジングケアを始めましょう。

 

シミとは

シミはメラニンが色素沈着をしてできたものです。

そもそもメラニンは人間や動物の体内で生成される物質の一種です。

髪の毛やほくろが黒いのもメラニン色素によるものです。

メラニン色素そのものが有害なのではなく、メラニンが過剰に生成されるとシミとして肌に表れてしまうのです。

 

メラニンが増える原因

メラニンが増える最大の原因は

 

肌への紫外線ダメージ

 

です。

メラニンの本来の役割は肌を外部の刺激から守ることです。

紫外線ダメージを浴びると肌の内部で活性酸素が生成されますが、このとき脳内から肌を守るように指示が出ます。

すると、メラニンを生成するメラノサイトという細胞がメラニン色素を生成して肌の色を濃くしようとするのです。

これがシミの原因だと言われています。

 

ただし、メラニン色素はすぐにシミとして表れるのではなく、時間をかけて肌の表面に出てきます。

ターンオーバーが正常に行われていればシミにならずにそのまま排出されるのですが、加齢やストレスなどの何らかの原因が重なるとシミとして肌に残ってしまいます。

 

このように、メラニン色素は体内で生成されている大切な物質のひとつですが、過剰に生成されると肌トラブルを誘発してしまいます。

シミを予防するためにはシミの種類や原因を知って正しい対策・ケアを行うことが大切です。

 

シミの種類と原因

一見するとどのシミも同じように見えますが、実は様々な種類があります。

ここではシミの種類と原因について詳しく解説していきます。

 

老人性色素斑

シミの中で最も多いものです。

主に紫外線ダメージによる光老化で表れるシミで、加齢とともに肌の表面に表れます。

 

小さいころから頻繁に紫外線を浴びていた人は10代後半~20代で表れることもあります。

茶色~黒褐色で目立つためメイクでも隠しにくく、美容クリニックでレーザー治療を受ける人も多くいます。

 

大きさは様々で、数ミリ程度の小さなシミができることもあれば、数センチほどの大きなシミができることもあります。

良性腫瘍に分類されるため基本的に治療の必要性はありません。

しかし、ごく稀に悪性腫瘍が混ざっていることがあり、この場合は早急に治療が必要となります。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは良性腫瘍の一種でイボに分類されます。

別名

 

『老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)』

 

とも呼ばれています。

皮膚の老化が原因でできる腫瘍で、40代以降の人にできやすいです。

 

一般的に治療は必要ありませんが、治療を希望する場合は自由診療(全額自己負担)で施術を受けることが可能です。

また、脂漏性角化症が日常生活に支障をきたしている場合は健康保険が適用されることもあります。

※医療機関や医師の判断によって異なります。

 

なお、短期間でたくさんイボができた場合は悪性腫瘍の可能性があるため医師の判断で検査が行われることがあります。

 

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

後天性真皮メラノサイトーシスとは、アザの一種だと言われている皮膚疾患です。

主に頬の高い位置にできることが多いですが、中には目の周辺や小鼻周りにできることもあります。

見た目はシミと非常によく似ていて、数ミリ程度の大きさのものがぽつぽつできます。

シミとの大きな違いは

 

メラニン色素が蓄積する場所

 

です。

通常のシミはメラニン色素が表皮に蓄積することで表に出てきますが、後天性真皮メラノサイトーシスはメラニン色素が真皮に蓄積するという特徴があります。

 

そのため、エイジングケア化粧品や美白化粧品ではケアや改善をすることができません。

また、真皮で増加するため後天性真皮メラノサイトーシスを治すには外科的治療が必要となります。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは肌の炎症が原因で起こる色素沈着のことです。

見た目は茶褐色のような色味のものが多いですが、炎症性色素沈着の原因となった肌トラブルの種類によって濃さや大きさは異なります。

炎症性色素沈着の原因となる肌トラブルには下記のようなものがあります。

 

  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ
  • アトピー
  • 虫刺され

 

早い段階で適切な治療を受ければキレイに治すことができますが、そのまま放置しておくとシミになって治りづらくなります

一見すると炎症性色素沈着とシミには何の関係性もないように思えますが、実はこれらの肌トラブルはメラニンが生成される仕組みが共通しています。

まず、シミの原因は

 

『紫外線ダメージなどの外的要因によりメラノサイトが刺激を受けることでメラニンが過剰に生成されること』

 

だと言われています。

そして炎症性色素沈着の原因は

 

炎症が起こっている箇所に刺激が加わることでメラニンが過剰に生成されること

 

です。

 

このように、根本的な原因は違ってもメラニンが生成される要因が共通しているのです。

一時的な炎症であれば肌のターンオーバーとともに排出されますが、真皮に到達してしまうと簡単には治すことができません。

 

そばかす(雀卵斑)

そばかすの正式名称は

 

『雀卵斑(じゃくらんはん)』

 

と言います。

シミの一種で目の下や頬にできることが多いです。

中には顔全体にできる人もいます。

そばかすの多くは遺伝的要素が多いため、完全に予防するのは難しいのが現状です。

しかし、肌のターンオーバーを正常化して紫外線対策をしっかりと行えば、そばかすの予防に効果的だとも言われています。

 

そばかすを消す場合は保険適用外のレーザー治療などを受けることになります。

ただしそばかすは放置していても濃くなることはほとんどないため、そのままでも問題はありません。

逆に年齢を重ねると共に薄くなることもあります。

化粧品コーナーを見ると

 

『シミ・そばかすに効果的!』

 

と謳っている化粧品が数多く存在していますが、すでにできているそばかすには効果がありませんので注意してください。

 

肝斑(かんぱん)

紫外線ダメージや女性ホルモンが原因でできるシミです。

ホルモンバランスが関係していることが多く、ストレスが溜まりがちな方やホルモンバランスが乱れているときにできます。

 

肝斑は通常のシミと違ってトラネキサム酸が配合された内服薬で治すことができます

逆に、脂漏性角化症などの治療に用いられるレーザー蒸散では症状が悪化することがあるため注意してください。

 

肝斑を自分で見分けるのは難しいかもしれませんが、シミの輪郭がぼやけているのが特徴で、主に頬の高い位置にできます。

輪郭がないため、遠くから見ると肝斑の部分だけ茶色く見えることもあります。

 

老人性疣贅のように加齢とともにできるわけではなく、どちらかというと20代~30代後半にできやすいです。

閉経を迎える40代後半以降ではほとんどできません。

 

シミの対策を考える

老人性色素斑の対策

毎日紫外線対策を行うのが効果的です。

室内にいるときも常に日焼け止めを塗る習慣を身に着けましょう。

外出するときはSPFの高いものを、屋内で過ごすときはSPFの低いものをつけることで肌への負担を軽減することができます。

毎日のようにSPFの高い日焼け止めを塗っていると肌トラブルが起こることがあるので気をつけてくださいね。

そして、外にいる時間が長いときは下記の紫外線対策グッズを活用して、極力紫外線を浴びないようにしましょう。

 

  • 帽子
  • ストール
  • 日傘
  • サングラス
  • アームカバー
  • 長袖の衣類
  • UVカット効果のある化粧品

 

シミの要因であるUV-Aはどんな場所にいても常に降り注いでいますので、天候に関係なく必ずUVケアを行ってください。

そうすることで、肌に必要な成分を守りメラニンの生成を予防することができます。

 

美白化粧品での対策

一口に美白化粧品と言ってもメーカーも値段も配合されている成分も様々ですが、あなたは美白化粧品を選ぶとき何を基準に選んでいますか?

美白化粧品でシミ対策を行うには、

 

  • まだできていないシミを予防したいのか
  • すでにできているシミを薄くしたいのか

 

によって肌に必要な成分が異なります。

そのため、あなたが求めている効果が期待できる成分が配合されていなければ適切なケアを行うことはできません。

まず、まだできていないシミには下記の成分が効果的です。

 

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • アスコルビン酸

 

そしてこれらの成分はすでにできているシミにはほとんど効果がないと言っても過言ではありません。

一方で、すでにできているシミに効果的なのがハイドロキノンやリノール酸などの漂白成分と呼ばれるものです。

どちらもシミを薄くする効果に優れていますが、成分の濃度や使い方、使用量を間違えると大きな副作用が起こるため注意が必要となります。

 

ターンオーバーを促す対策

肌のターンオーバーを促すには肌に十分な水分を与えることが大切です。

ただし化粧品は肌の真皮にまで到達することができないため、サプリメントや食生活でコラーゲンやセラミドなどの有効成分を補うことが大切です。

また、不規則な生活習慣を見直すことも必要になるでしょう。

普段から保湿性の高い化粧品で表皮をケアし、生活習慣を見直して規則正しい生活を送るように心掛けてください。

 

脂漏性角化症の対策

脂漏性角化症はメラニンを生成するメラノサイトの活性化が原因でできるイボなので、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが一番の対策となります。

常に日焼け止めを塗るようにし、できるだけ素肌を直射日光に当てないようにしましょう。

脂漏性角化症は凍結療法やレーザー蒸散などの外科的治療を行わなければ治すことができないため、できる前にしっかりと予防することが大切です。

治療方法によって健康保険が適用されることもありますので、脂漏性角化症に似たシミができたときは皮膚科を受診してください。

美容クリニックではすべての治療が健康保険の適用外となってしまうため、必ず医療機関を受診しましょう。

 

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)の対策

残念ながら後天性真皮メラノサイトーシスの予防に効果的な方法は見つかっていません。

遺伝的要素が大きく、普段のケアで予防することが難しいからです。

ただし後天性真皮メラノサイトーシスはイボの一種なので、イボの予防に効果的な紫外線対策を行うのがおすすめです。

そしてスキンケアを行う際は肌への摩擦を極力減らしてください

 

例えば、コットンは滑らせるのではなく肌に押し込むように使ったり、洗顔後の肌の水分を拭くときはタオルを優しく当てるなどです。

普段からこのようなちょっとした心がけを意識してみてください。

 

炎症性色素沈着の対策

炎症性色素沈着の多くは肌の表皮で起こっているため、ターンオーバーがしっかりと行われていれば徐々に薄くなっていくことが多いです。

代表的な治療方法には外用薬やレーザーを用いたものがありますが、自宅でのケアも可能です。

自宅でのケアに用いられるのが

 

『ハイドロキノン』

 

という漂白系の成分です。

ハイドロキノンを気になる部分に塗ってケアを続けることで色素沈着の色味を薄くすることができます

ただしハイドロキノンは劇薬に指定されており、濃度によっては肌に大きな副作用を起こす危険性があります。

通販サイトや店頭では濃度が0.5~1%のものが販売されていますので、まずは一番濃度の低いものを少量塗ることから始めてみてください。

 

海外の通販サイトではごく稀に3~10%を超える濃度のものが販売されていますが、リスクが高すぎるので絶対に自己判断では使用しないでください。

なお、スキンケアで色素沈着のケアを行うときは下記の成分が配合されている化粧品を使いましょう。

 

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • トラネキサム酸
  • リノール酸
  • プラセンタエキス

 

自宅でのケアで改善しない場合は、皮膚科や美容クリニックで治療を受けることも考えてみてください。

 

そばかす(雀卵斑)の対策

そばかすを予防するには日ごろから紫外線を怠らないことが大切です。

遺伝的要素によるそばかすは年齢を重ねるとともに薄くなることが多いですが、紫外線対策をしていないとシミのように濃くなってしまいます。

 

それから、紫外線予防と併せて食生活の見直しをしましょう。

そばかすやシミに良いと言われている食材を積極的に摂取することで肌のターンオーバーを促すことができます。

特に下記の食材がおすすめです。

 

  • 豆腐やみそなどの発酵食品
  • 漬物
  • 赤ピーマン
  • トマト

 

そばかすは美白化粧品やエイジングケア化粧品で治すことができないため、かすを消すには美容クリニックや皮膚科で外科的治療を受ける必要があります。

治療の大半が自由診療となりますので、それなりに費用がかかることを覚悟しておいてください。

 

肝斑の対策

肝斑を予防するにはホルモンバランスを整えることが第一です。

ホルモンバランスは些細なことで簡単に乱れてしまいますので、日ごろの生活習慣を整えて規則正しい生活を送ることを意識してください。

例えば、

 

  • 就寝時間を7時間以上確保する
  • 偏った食生活を見直す
  • 栄養バランスの取れた食事を摂る
  • 不足している栄養素はサプリメントで補う
  • ストレスをため込まない

 

などのちょっとした心がけが肝斑の予防につながります。

なお、すでにできている肝斑については美白化粧品と漂白系成分(ハイドロキノンなど)が配合された化粧品でケアを行いましょう。

ただし誤った方法で使用すると副作用が起こる可能性がありますので、心配な方は美容クリニックなどの専門医に相談することをおすすめします。

 

まとめ

シミには様々な種類があり、それぞれに治療・予防方法が異なることがお分かりいただけたでしょうか?

適切なケアを行うためにもまずはシミの種類を特定することが大切です。

そして自分の肌の状態に合わせて治療・予防を行いましょう。

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★









よく読まれている記事

-シミ, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.