エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

化粧品 シミ エイジングケア

シミに効果的な美白化粧品の選び方とは?ランキングに頼らない最適な商品をゲット

投稿日:

美白化粧品は透明感のある肌を手に入れたい人の強い味方です。

しかし、配合されている成分によっては満足した効果が得られないこともあります。

 

  • 奮発して高い化粧品を揃えたのに全然効果がない
  • シミが消えるどころか増えてきた
  • 肌がくすんだままで変化がない

 

となってしまうのは嫌ですよね。

 

そこで今回は、美白化粧品の中でも化粧水に絞って詳しく解説していきたいと思います。

美白化粧水の基礎知識や化粧水の選び方についてもご紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

美白化粧品とは?

美白ってどんな意味なの?

美白化粧品や美白化粧水という言葉は痛いほど耳にしますよね。

雑誌やテレビで紹介されることも多いため認知度はとても高いと思います。

しかし、美白の意味を根本から理解している人は少ないのではないでしょうか?

 

そもそも美白化粧品とは

 

メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ医薬部外品の総称

 

です。

 

美白化粧品の定義については厚生労働省が細かく指定しており、シミやそばかすを防ぐ成分が一定以上配合されていないと美白化粧品として認可されません。

ちなみに医薬部外品として認められている美容成分は現在のところ約20種類程度あります。(2018年12月)

 

美白化粧品でシミやそばかすは消えない!

美白化粧品はあくまでも

 

メラニンの生成を抑えるもの

 

であって、すでにできているシミやそばかすを薄くすることはできません

中には

 

「これを使うだけでシミが消えた!」

 

という口コミが掲載されている化粧品もありますが、これはモニターがコメントを投稿している可能性が高く信憑性に欠けます。

それに美白化粧品でシミやそばかすが薄くなるのであれば美容クリニックが存在している意味がありませんよね。

 

美白化粧水の定義は?

美白化粧水の定義も美白化粧品と同様に

 

メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ

 

というものです。

 

そして美白効果があると厚生労働省から認められた製品が薬用化粧水や薬用乳液といった名前で販売されています。

つまり、薬用化粧品と医薬部外品は同じ意味だということになります。

 

このことから、通販サイトや店頭で販売されている”美白(薬用)”化粧品には、どれも厚生労働省が定めた規定以上の有効成分が配合されていることが分かります。

 

「何を選んだら良いのかわからない・・・」

 

という方はぜひ薬用化粧品や医薬部外品と記載されている化粧品を選びましょう。

なお、これらの有効性については下記の表現のみが認められています。

 

  • メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
  • 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」

 

肌が白くなる、シミやそばかすが薄くなるなどと謳っている商品は購入しないようにしましょう。

 

自分に合った美白化粧水の選び方

美白化粧水は様々なメーカーから販売されていますが、口コミの良い高評価のものを購入すれば良いというわけではありません。

美白成分が配合されている肌質に合ったものを選ぶことが1番大切です。

まず、化粧水を選ぶ前に下記の項目について理解を深めましょう。

 

  • 美白化粧水の目的と効果の限界
  • 自分の肌タイプや年齢による肌の状態
  • 有効な美白成分の種類
  • 安全性
  • テクスチャーの種類
  • 価格
  • 企業の情報提供の姿勢

 

上記の7つの項目をしっかりと理解しておけば、自分に合った美白化粧水を見つけることができます。

 

美白化粧水の目的と効果の限界

美白化粧水の最大の目的は

 

『メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐこと』

 

です。

そして配合されている成分の相乗効果によって下記の様々な効果が期待できます。

 

  • 日焼けした肌を、日焼け前の肌に戻す
  • 日焼けによるシミやそばかすを予防する
  • 肌のくすみをケアして透明感を与える
  • ニキビ跡のケア
  • メラニンによる毛穴の黒ずみの予防
  • キメを整える
  • ターンオーバーを正常化する
  • 肝斑(かんぱん)のケア

 

ただし、すべての美白化粧水にこれらの効果が期待できるかというとそうではありません

配合されている成分によって効果・効能は違いますし、仮に同じ成分が配合されていたとしても成分の含有量によって効果に差があります。

 

美白化粧水で得られない効果

『美白化粧水=肌を白くする』

 

と勘違いしている人がとても多いのですが、美白化粧水に下記の効果はありません。

 

  • 肌本来の色よりも明るくする
  • ほくろやイボのケア
  • アザやADM(対称性真皮メラノサイトーシス)などの皮膚疾患の改善
  • シミを消す
  • 脂漏性角化症の治療・改善

 

このように、日焼けした肌をケアして元の肌色に戻すことはできてもそれ以上に肌を白くすることはできません

また、皮膚疾患の治療や改善にはほとんど効果がありませんので、イボやADM・脂漏性角化症に悩んでいる人は皮膚科で治療を受けましょう。

 

美白化粧水は肌質と年齢を考えて選ぼう

肌質と美白化粧水

あなたは自分の肌質をきちんと説明できますか?

 

「肌が乾燥しやすい気がするから乾燥肌かな」

 

「肌がべたつくからきっと脂性肌だ」

 

などと、何となくで肌質を判断していませんか?

 

肌質は大きく分けて下記の6種類に分類されますが、肌が乾燥しているからといって乾燥肌とは限りませんし、皮脂が分泌されているからとって脂性肌だと断言することはできません。

 

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 乾燥性脂性肌(インナードライ肌)
  • 混合肌
  • 敏感肌

 

そしてここで覚えておいて欲しいのが

 

肌質によって選ぶべき成分が異なる

 

ということです。

 

例えば乾燥肌の人は保湿力の高い成分が配合された美白化粧水を選ぶべきですが、脂性肌の場合は逆にさっぱりとした使い心地の美白化粧水が合っています。

仮にあなたが自分の肌質を勘違いして化粧品を選んでいたとしたらどうでしょうか・・・?

これまでのスキンケアはあなたの肌質に合っていなかったということになってしまいます。

肌に合ったスキンケアを行うためにも今一度自分の肌質を確認してみてください。

 

「自分の肌質が分からない」

 

という方は美容クリニックや化粧品コーナーのカウンターなどで診断してもらうことができますよ。

 

加齢と美白化粧水

加齢と共に肌は劣化していきます。

これは生きている以上免れることはできません。

 

そしてコラーゲンやセラミドも年齢を重ねるとともにその数はどんどん減少していきます。

そうすると肌のハリやツヤが失われてほうれい線やシワ・たるみなどのトラブルが起こるようになります。

さらに、バリア機能が低下して角質が分厚くなってしまうため、スキンケアが浸透しづらくなります。

スキンケアを浸透させるには古い角質を除去して保湿力の高いエイジングケア化粧品で肌に潤いを与えることが大切です。

肌が十分に潤うことで肌表面が柔らかくなり、若々しい印象になります。

 

ただし、年齢に合った化粧品を選ばなければ同じエイジングケア化粧品でも逆効果となってしまうことがあります。

肌は老化するにつれて外部の刺激に弱くなりますので、できるだけ肌に優しい年齢別の化粧品を選ぶようにしましょう。

年齢に合わせてスキンケアを買い替えるのがおすすめです。

 

刺激が気になる場合はパッチテストを

美白化粧水には様々な成分が配合されています。

肌に優しい成分だけしか配合されていないとしても、敏感肌や乾燥がひどい方にとってはそれすらも刺激となってしまうことがあります。

 

肌トラブルを防ぐためにも、新しい化粧品を使うときはパッチテストを行いましょう。

パッチテスト自体はとても簡単なので下記の手順を参考に行ってみてください。

 

  1. 清潔な素肌の目立たない部分(二の腕や太ももの内側など)に美白化粧水塗る
  2. 24時間放置して肌の状態を確認する

 

美白化粧水を塗った部分に異常が見られなければ問題ありません。

万が一、赤みやかゆみ、湿疹などの症状が表れた場合はしっかりと洗い流して様子を見てみてください。

それでも症状が改善しないときは使用した化粧水を持って皮膚科を受診しましょう。

 

美白化粧水ではなくても美白はできる?

美白化粧品に分類されている化粧品であれば、美容液や乳液でもケアができます。

しかし、化粧水だけで考えると美白化粧品(医薬部外品)以外の化粧水で美白ケアを行うのは難しいです。

 

なぜなら、美白化粧品(医薬部外品)以外の化粧品には厚生労働省が定めている美白成分が配合されていない(もしくは含有量が少ない)からです。

したがってメラニンやシミの予防を行うには美白化粧水を使うべきだと言えます。

 

ターンオーバーを促すのもひとつの手

ターンオーバーを促す効果が期待できる化粧品は美白化粧品以外にもたくさんあります。

ターンオーバーが正常化すれば肌内部のシミ・そばかすの予備軍を排出する効果が高まるため、これらの予防につながります。

 

ただし、シミ・そばかすを防ぐのが本来の目的ではありませんので、効果が得られるかどうかは試してみなければ分かりません。

できることなら美白成分とターンオーバーを促す成分の両方が含まれている化粧品でケアを行いましょう。

 

知っておきたい美白化粧水のリスク

メラニンは必ずしも肌に悪いわけではない

メラニン=肌に悪い

 

と考えている方は多いと思いますが、それは間違いです。

 

実はメラニンは紫外線から肌を守ってくれる大切な成分なのです。

逆にメラニンの生成が完全に止まると皮膚がんや細胞の破壊・壊死を引き起こす危険性があります。

 

「それならどうしてシミができるの?」

 

という声が聞こえてきそうですが、これは肌が紫外線を浴び過ぎたからです。

紫外線を浴びると脳から指令が出てメラニンを生成するメラノサイトの働きが活発になります。

 

そうするとメラニンが過剰に生成されてシミやそばかすの予備軍となってしまいます。

そしてそのまま放置していると、ターンオーバーと共に肌トラブルとして表面に現れてくるのです。

 

メラニンの生成が抑制されるリスク

美白化粧水にはメラニンの生成を抑制する成分が配合されています。

つまり、それだけ肌に紫外線ダメージが届きやすくなるということです。

 

美白化粧品が真皮まで到達することはないのでそこまで心配する必要はありませんが、ごくごく稀に白斑などの症状が表れることがあります。

医薬部外品だからと言って過信しないようにしてください。

肌トラブルや副作用のリスクをゼロに近づけるためにも、化粧品を使う前は必ずパッチテストを行いましょう。

 

知っておきたい美白化粧品の副作用

美白化粧品(医薬部外品)には一定量の美白成分が配合されています。

肌に悪影響を及ぼす危険性はほとんどないものの、敏感肌の方や肌が荒れやすい方は副作用が起こる可能性があります。

 

美白化粧品を使って下記のような症状が出た場合はすぐに使用を中止してください。

 

  • ピリピリ、ヒリヒリとした刺激
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 赤み
  • 腫れ
  • 発疹
  • 白斑(色抜け)
  • 色素沈着

 

症状が改善しない場合は皮膚科医に相談することをおすすめします。

 

ロドデノールの副作用

ロドデノールという化学物質をご存知ですか?

2013年7月に日本国内で多数の皮膚障害が報告され、一躍有名になった成分です。

 

ロドデノールは皮膚障害が報告されるまでは美白化粧品に当たり前のように配合されていました。

しかし美白効果が得られる一方で、メラノサイトに悪影響を及ぼしていたのです。

 

体内の抗酸化物質が働けば問題はないのですが、有害物質の含有量が多かったり免疫力が低下しているときには副作用が起こってしまいます。

そしてロドデノールによる皮膚障害では肌の色素が抜けたような状態になる

 

脱色素斑(白く色が抜けた状態)

 

という副作用の報告が相次ぎました。

 

ただし、副作用が起こったのは該当する化粧品を使用した人の2割ほどだったようです。

 

美白成分に頼らない美白対策

.透明感のある白い肌を維持するには紫外線対策をしっかりと行うことが大前提です。

それを怠ると紫外線ダメージから肌を守ろうとメラノサイトの活動が活発になってしまいます。

 

紫外線対策と言っても何も難しいことはありません。

例えば短時間の外出でも日焼け止めを塗るようにしたり、帽子やストール・UVカット効果のある衣服を着るだけでも効果的です。

顔だけでなく体全体の紫外線対策を行いましょう。

 

また、大量の直射日光を浴びた日はフェイスパックや美容液でしっかりとケアをしてください。

サプリメントで肌に必要な栄養素を補うのもおすすめです。

 

酵素洗顔でターンオーバーを正常化しよう

酵素洗顔とはその名の通り酵素が含まれた洗顔料のことです。

普通の洗顔では落ちにくい古い角質や毛穴汚れに効果的だということで、世代を問わず多くの女性から人気を集めています。

酵素にはタンパク質分解酵素と皮脂分解酵素がありますが、肌の透明感をアップしたい方はタンパク質分解酵素がおすすめです。

角栓や毛穴汚れを落としたい方は皮脂分解酵素が配合されている洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

肌の余分な角質を落として清潔な状態を保つことでターンオーバーが促され、化粧品が肌に浸透しやすくなります。

 

生活習慣の改善

美白は化粧品だけで手に入るものではありません。

規則正しい生活を送ってバランスの取れた食生活を心がけることが大切です。

自分の好きなものだけを食べたり夜更かしばかりしていると、肌のターンオーバーが乱れて様々な肌トラブルが起こってしまいます。

体に悪いことは肌にとってももちろん悪いことなので、飲酒や喫煙もできるだけ控えましょう。

 

医薬品でシミ対策を

シミが気になる方は一般用医薬品や要指導医薬品でケアを行うのもおすすめです。

どちらも薬剤師や登録販売者から購入しなければなりませんが、れだけ有効な成分が配合されているのでシミの予防に繋がります。

すべてのシミ・そばかすを防ぐことは難しいものの、使用するのと使用しないのとでは将来の肌の状態は大きく変わってくるはずです。

 

まとめ

美白化粧品を選ぶときは肌質に合ったものを選ぶことが最も大切です。

そして厚生労働省に認可されている化粧品を選ぶようにしましょう。

化粧品でのアンチエイジングは即効性には欠けますが、継続することでシミやそばかすを防ぐことができます。

是非この機会に美白化粧品でエイジングケアを始めましょう。

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!

レビュー
ブライトエイジを実際に購入してレビューしてみた!評判通りの効果あるの?

ブライトエイジの特徴は? 「顔の小じわが気になって仕方ない」 「「年齢を重ねるごとに肌が乾燥してきた」 など、加齢にとも ...

続きを見る



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★



-化粧品, シミ, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.