エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

ほうれい線 エイジングケア

セラミドでほうれい線が消える!?化粧水と美容液どちらが良い?賢い配合化粧品の選び方とは?

投稿日:

年齢を重ねるごとに大きな悩みになってくるのは、ほうれい線ですね。

ほうれい線を改善したいと思っても、どのようなケアをすればよいのか困ってしまいますね。

 

すると、ほうれい線にはセラミドがいいらしいという情報が舞い込んで来ました。

セラミドといえば、保湿効果としておなじみで、乾燥肌や年齢肌対策として化粧品に配合されることが多いものですよね。

 

ここでは、セラミドが本当に効果があるのかどうかを調べてみました。

ほうれい線に悩んでいる方も、これからに備えて予防しておきたい方も、是非読んでみてくださいね。

 

セラミドとは

セラミドは実は既に私たちの体の中に備わっているものです。

表皮の最も外側の角質層にあり、保湿成分として働いています。

セラミドとともによく保湿成分として配合されているものに、コラーゲンやヒアルロン酸があります。

これらとセラミドには実は決定的な違いがあります。

 

分子量が大きく、肌内部に浸透しきれないコラーゲンやヒアルロン酸に対して、セラミドはかなり分子量が小さいのです。

よって、肌に塗るだけで浸透しやすいものであり、そのおかげで保湿力が非常に高いのですね。

さて、ここで保湿成分の3つのタイプについてご説明しておきます。

 

  1. 層と層の間に水分を挟み込んで保湿するタイプ
  2. 水分を自身で抱え込んで保湿するタイプ
  3. 水分を自身に吸着させて保湿するタイプ

 

セラミドはどのタイプに当たるのでしょうか。

なんと一番高い保湿効果が期待される

 

「層と層の間に水分を挟み込んで保湿するタイプ」

 

分類されるのです。

もう少し具体的に説明していきますね。

セラミドは細胞間脂質の中心的存在です。

角質層の中では細胞間脂質が層を作っていき、適切な水分量を保持するという仕組みになっています。

脂質というのは、皮脂とは全く別物であり、角質層の中の細胞と細胞の間にあるのが細胞間脂質です。

代表的なものがセラミドやコレステロールですが、特にセラミドについては、油でありながら油にも水にもなじみやすいという独特な性質を持っています。

 

細胞間脂質のおかげで、ひとつひとつの細胞と細胞がくっついた状態となります。

そうなるとすき間がなく、何重にも層を形成することができます。

その健全な層構造をラメラ構造といいます。

ラメラ構造はきちんと整っていることで、水分の蒸発を防いでくれ、肌にみずみずしさをもたらします。

さらにはバリア機能が強くなるので、肌荒れも起きにくくなり一石二鳥です。

そのためにはやはりセラミドをしっかりと蓄え、細胞間脂質の代表的成分として肌の乾燥を防ぐことに尽力してもらうことが必要ですね。

 

ただしセラミドは年齢を重ねるごとにどんどん減少していくものです。

いつまでもセラミドの恩恵にあずかるためには、化粧品を使ってセラミドを補給してくることが重要となります。

30代以降はその必要性を考えていくようにしましょう。

 

化粧品成分としてのセラミドは何を選ぶか?

セラミドという成分ですが、実は1種類ではありません。

人が肌に保持しているセラミドだけでも大きく分けて12もの種類があります。

それをさらに細かく分けていくと、300種類をゆうに超えます。

しかもまだ謎の多いセラミドもあるのだとか。

セラミドはまだまだ未知の領域を含んでもいるのですね。

そして、化粧品成分に含まれているセラミドとしては次の通りです。

 

  1. 天然セラミド
  2. 合成セラミド
  3. ヒト型セラミド(バイオセラミド)
  4. 植物性セラミド

以上、4種類が存在します。

この中で最も効果が高いものはヒト型セラミドであり、その高い保湿力は注目の的です。

ヒト型セラミドという名前が付いており、ヒト型とはどういうことか疑問に思うかもしれません。

どうしてこのようなネーミングになったのかと言うと、人間にもともと備わっている角質細胞間脂質とほとんど同じ化学構造で生成されているからなのです。

ちなみに、酵母を利用することで作られています。

 

どうして保湿力が高いのかといいますと、やはり肌との親和性が高いことが大きな理由でしょう。

天然セラミドや合成セラミドよりも、浸透力も勝っています。

刺激も少ないので安全性が高いとも言えますね。

さて、ヒト型セラミドが自分が使っている化粧品に配合されているかどうかを見分ける方法をお教えします。

難しいことはなく、成分表示を見てみてください。

 

  • セラミド2
  • セラミド3
  • セラミドNP

 

といったように、セラミドという単語の後に、数字かアルファベットが付いていると、それはヒト型セラミドです。

他のセラミドよりも保湿力があり、乾燥肌を改善させる力がありますので、この目印を確認して、ヒト型セラミドを配合している化粧品を選ぶようにしましょう。

 

セラミドは、化粧水と美容液どっちが効果的?

これはなかなか大切な問題ですよね。

セラミド入りの化粧水を使った方が効果が高いのか、セラミド入りの美容液の方を選択すればよいのか。

他に、クリームも出ているので、セラミド配合のクリームを選んでもいいのではないかと思いますよね。

その疑問の解決については、セラミドの特徴からひもといてみましょう。

 

セラミドは親水基を持っており、水へのなじみがよい成分ですね。

ただ、あくまでもセラミド自体は脂質です。

つまり本質的には油溶性と言って、油脂に溶けやすいという特徴を持っています。

ということは、油の方がより相性がいいということになります。

よって、化粧水のような水分が多いアイテムよりも、美容液やクリームといったような、油性のものの方がよいと言えます。

化粧水に配合した場合、どうしても配合量が少なくなってしまうんですよね。

 

セラミドに特化して効果を得たいのであれば、美容液、もしくは保湿クリームを使用してみましょう。

そうは言っても、セラミドを配合している美容液というものは非常にたくさんあり、どれを選べばよいか悩んでしまいますよね。

そういう時のために、選ぶためのポイントを3つご紹介しておきます。

 

  1. 種類
  2. 配合量
  3. テクスチャー

 

この3つのポイントは非常に大切ですので、押さえておきましょう。

次の項でさらに詳しく解説しますね。

 

含まれているセラミドの種類

まずは、配合されているセラミドの種類に注目してみてください。

イチオシはやはり

 

ヒト型セラミド

 

を配合している美容液です。

それを見分けるには、きちんと成分表を確認しましょう。

 

「セラミド」

 

の後に、数字もしくはアルファベットが書いてあるというのがヒト型セラミドである証拠です。

ただし、似たような名前を騙って、消費者を欺く商品があるのも事実です。

騙されないためには、きちんと確認をして、それが本当にヒト型セラミドなのか把握しておくようにしましょう。

 

配合量

セラミドが入っていると言っても、配合量が少なければ、それだけ効果が劣ります。

セラミドという成分は、比較的高価であるものであり、そうなると、価格が安いものについては充分に配合されていない可能性が出て来ます。

どのくらいの量が入っているのかを知るのは難しいことですが、全成分表示を見ればある程度はわかります。

配合量が多い順に全成分表示に記載されるという義務があるので、どのあたりにセラミドが書いてあるかで多いか少ないかの目星は付くでしょう。

 

出来る限り上位に記載されているものを選べば間違いないでしょう。

そして、

 

「安すぎない」

 

ということもポイントになりますので、参考にしてください。

最低でも3,000円以上のアイテムであれば、ある程度配合されているという目安となるでしょう。

 

テクスチャー

意外に見落としがちであるのが、テクスチャーです。

せっかく購入しても、使わなくなってしまう理由の一つに、自分の好みではないテクスチャーだったというものがあります。

使っていて心地よいと感じられるテクスチャーのものを選ばないと、なかなか続かないものですよね。

 

一つ気を付けておいていただきたいのは、敏感肌であったり、肌が荒れたりしている場合です。

そういう場合は、美容液が沁みることがあります。

いくら水っぽいさらさらしてテクスチャーが好みであったとしても、それだと沁みやすくなってしまいます。

クリームのようなしっとりタイプのテクスチャーのものを選んだ方がよいでしょう。

 

ほうれい線ケアでセラミド化粧品の効果は?

ほうれい線のケアにもセラミド化粧品をお勧めします。

保湿効果が高いので、ほうれい線の解消を目指すことができます。

ただ、数点注意がありますので、そちらを確認してくださいね。

 

セラミドで乾燥肌対策すれば、ほうれい線の予防が可能

ほうれい線が出来てしまう原因としては、2つあります。

一つは、肌が乾燥したことによるものです。

もう一つは、頬がたるんでしまった結果というものです。

 

セラミドはもともと肌に存在するものではありますが、その生成のピークは20代であり、そこから減っていく一方です。

セラミドが減れば、乾燥肌になりやすく、その結果さまざまなトラブルを引き起こします。

まずセラミドが配合された化粧品で乾燥肌のケアをしておくことで、乾燥によってできるほうれい線を防ぐことができます。

 

セラミドが配合された化粧品できちんと保湿を行うと、乾燥肌は改善されます。

そして、シワやほうれい線の悪目立ちを予防できます。

もちろん、見た目がしっとりみずみずしくなりますので、美肌になれた!という印象が非常に強くなります。

 

つけ方にも工夫してみましょう。

まず、セラミド化粧品を肌につける際、ハンドプレスをしてみましょう。

顔の表面の温度が化粧品の浸透率のカギを握っていると言われています。

たとえば、顔表面の温度が5℃下がると、浸透率の4割が低下してしまうというデータがあり、侮れないのです。

浸透率を上げるために、手で顔を温めるようにつけるのがよいでしょう。

 

化粧品を顔につける際、両手を使って、顔を包むように優しく手のひらで押さえてあげます。

そうするだけでも肌表面温度は上がり、化粧品浸透率が高まりますよ。

手だけではなく、ホットタオルの力を借りてもよいでしょう

美容液などの後に、ホットタオルを顔に乗せるのも、顔全体が温まるのでお勧めですよ。

ぜひスペシャルケアとして取り入れてみてくださいね。

 

乾燥による浅いほうれい線ならセラミドで改善が可能

浅いほうれい線が出来てしまったという場合は、だいたい乾燥が原因となっています。

そういう時には、セラミドに頼ってみましょう。

浅いという程度のほうれい線であれば、きちんとケアすることで解消する可能性は高いです。

 

セラミドの高い保湿力を利用してみましょう。

美容液等を使って、不足している分のセラミドを肌の外側から補ってあげれば、肌のセラミドの層自体が厚くなります。

そうすると肌自体の保湿力を底上げすることができますよ。

 

保湿がきちんとされた肌というのは、ターンオーバーが正常化します。

そのおかげで、肌表面にある古い角質は自然に剥がれ落ちていきます。

下から出てきている新しいお肌は美しく、透明感もあります。

表面の見た目がよくなるだけではありません。

表皮がきれいであるということは、真皮の状態もよいと言ってよいでしょう。

 

そうなると、線維芽細胞が活性化され、エラスチンやコラーゲンの生成も活発となります。

その結果、肌はハリアップします。

セラミドを使うことで、肌へいいことづくめですよね。

 

ただ、注意してもらいたいことがあります。

洗浄力の強い界面活性剤配合のクレンジングや洗顔料には気を付けてください

肌のセラミドが流れていってしまいます。

 

ダブル洗顔を行っているという人が大半だとは思いますが、肌の状態を確認して、乾燥していたり、あれていたりするようであればやめておきましょう。

もともと乾燥肌だったり荒れやすかったりという場合には、特に気を付けてください。

 

そして、洗顔の仕方も大切なポイントとなります。

いくらそのアイテムが肌に優しいものだと言っても、ついごしごしこすってしまうようであれば、それは肌を痛めてしまう洗い方です。

せっかく使ったセラミド配合化粧品の効果が発揮されません。

 

ほうれい線が出来てしまった原因が乾燥であるのであれば、正しいスキンケア、エイジングケアを行わなければなりません。

もう一度自分自身を見直してみてください。

そして、正しくケアを行うようにしましょう。

 

深く刻まれたほうれい線はセラミドでも消えない!

浅いほうれい線であれば、乾燥が原因であるので、セラミドをきちんと取り入れることで、改善することが可能であるということを先ほどご説明しました。

では、もう一つの原因、頬のたるみの場合はどうでしょうか。

実は、頬の垂水によってできたほうれい線は、セラミドを使ったとしても消すことはできません

かなり深いものになってしまっているからです。

 

これはかなり悔しいですよね。

対策としては、そうならないようにほうれい線が浅い時にしっかり対策を練っておきましょう。

なによりも予防が大切です。

個人差はあるにせよ、20代からほうれい線予防を始めておけば、うまく習慣づけることもできますし、おススメです。

 

早めに対策をしておけば、改善しやすい肌へと導くことが出来ます。

もしほうれい線の原因が加齢であったとしても、改善の基礎ができていれば、そこまで苦労せずともほうれい線の改善を行うことが可能です。

少しでもほうれい線の予兆を感じたら、対策ケアを行うようにしてくださいね。

 

それでもなかなか改善しないというのであれば、表情筋を鍛えることも一つの手です。

 

まとめ

もともと私たちの肌に備わっているセラミドも、年齢とともに減少してしまうのですね。

セラミド配合化粧品のセラミドの種類、配合量、テクスチャーに注目をして、自分に合うアイテムをきちんと選ぶようにしましょうね。

 

乾燥肌が改善されれば、浅いほうれい線なら早く治るでしょう。

深いほうれい線はたるみによるものですので、セラミドできちんと予防するようにしてください。

この記事が、ほうれい線で悩む方々の参考となれば嬉しいです!

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!

レビュー
ブライトエイジを実際に購入してレビューしてみた!評判通りの効果あるの?

ブライトエイジの特徴は? 「顔の小じわが気になって仕方ない」 「「年齢を重ねるごとに肌が乾燥してきた」 など、加齢にとも ...

続きを見る



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★



-ほうれい線, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.