エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

成分 エイジングケア

トラネキサム酸の美白効果がスゴイ!?シミ・肝斑に効くって本当?そのメカニズムと注意点を徹底紹介

投稿日:





一度出来てしまうと消えてくれない肝斑やシミ、どのように対策していますか。

スキンケアでもなかなか太刀打ちできないという声をよく聞きます。

 

たとえ小さなものでも存在するだけでぐっと老けた存在になるのですから、これ以上増やしたくないですよね。

もちろん予防もしっかりと行っていきたいところです。

 

そして、

 

「トラネキサム酸が効くらしいよ!」

 

という口コミを耳にしますが、本当なのでしょうか。

 

ここでは、そのトラネキサム酸について詳しく調べてみました。

シミや肝斑に本当に有効なのかどうか、検証していきましょう。

 

美白有効成分「トラネキサム酸」とは?

実はトラネキサム酸は医療の現場でもよく使われている成分です。

たとえば、抗炎症剤や止血剤としても使用されますし、湿疹や蕁麻疹の治療のためにも使われることがあります。

そのようなトラネキサム酸が美容目的で使われるようになったのは、厚生労働省が肝斑やシミに有効であると認可をしたからです。

確かに、医療の現場で使われるということは、医薬品であり、副作用が起きてしまう可能性はあります。

そこを厚生労働省が認めたのですから、安全であるというお墨付きを得たようなものですね。

 

トラネキサム酸が医療や美容の目的で使用されるのは、どのような効果があるからなのでしょうか。

まず、人工合成されたアミノ酸の一種であるトラネキサム酸には、メラニンの生成を抑制する力があるからです。

そして、炎症を抑えるという効果があるので、抗炎症の治療薬として使われるようになりました。

他にもアレルギーを抑制したり、止血剤として使われていたりという実績があります。

 

美容目的としては、やはり美白効果があるからというところでしょう。

厚生労働省が正式に承認しているものになるので、安心感があるとも言えます。

 

トラネキサム酸の効果とは

それでは、ここからはトラネキサム酸の美容効果について、さらに詳しく見ていきましょう。

トラネキサム酸といえば、シミや肝斑へ効果があるものとして認知されていますよね。

肝斑というのは、シミの一種であり、スキンケアに励んだところで改善されにくいと言われています。

 

30代以上の女性に出来やすいということが特徴であり、それは女性ホルモンが影響しているからです。

紫外線対策をしたところで、肝斑には関係ありません。

ただ、メラニン色素さえ作られなければ、肝斑ができることはありません。

 

トラネキサム酸はメラノサイトの活性化を抑制します。

メラニン色素が色素沈着のもとになっていますので、その生成自体をブロックしてしてくれます。

その結果、シミやそばかす、肝斑を防ぐことができます。

 

そしてもう一つ、トラネキサム酸による効果が期待できるのは、ニキビや吹き出物です。

これは、トラネキサム酸の抗炎症作用のおかげであり、ニキビや吹き出物の炎症をトラネキサム酸が和らげてくれます。

ニキビや吹き出物が一旦炎症を起こしてしまうと、のちのちシミになる可能性があります。

色素沈着してしまうことが多いからです。

 

よって、トラネキサム酸を使うことで、炎症を抑えることも大切ですし、色素を作らないように予防していくことが重要です。

そうすることによって、ニキビ対策もシミ対策も同時進行が可能となります。

他にもお勧めしたい使い方は、顔のくすみやわきの黒ずみのお手入れです。

年齢とともに気になるくすみや、お手入れをし過ぎてむしろ黒ずんだわきのケアに使うことができます。

 

どんな人におすすめの成分?

トラネキサム酸を使ってみてほしい人についてまとめてみました。

 

まずは、シミやそばかす、肝斑があるという方です。

肝斑とは、頬に出来る左右対称のシミです。

こういった色素沈着に対して、効果があるのがトラネキサム酸です。

そして、どんなに効果があったとしても、危険性が高いものであれば使いたくないですよね。

その点、トラネキサム酸は安全性が高いことでも知られています。

女性ホルモンに対して働きかけないので、ホルモンが乱れる心配もありません。

 

ニキビや吹き出物が炎症化しやすい人にもお勧めですし、顔がいつもくすんでいる人、脇の黒ずみに悩んでいる人にも効果が感じられるでしょう。

美白効果を感じることが出来ると思います。

なにより、副作用が少ないというのが一番のお勧めポイントですね。

 

トラネキサム酸がシミを予防するメカニズム

トラネキサム酸がどのようにシミを予防するかについてまとめました。

 

まず、の元とはメラニン色素です。

そのメラニン色素は、メラノサイトという色素細胞にて作られています。

メラニンは紫外線を吸収します。

それは、紫外線から受けるダメージを極力減らせるように、身体を守っているからなのです。

メラニンの元は、アミノ酸の一種、チロシンです。

チロシンから生成されたメラニンは、メラノサイトの上部にある枝状の部分を通って、肌細胞(ケラチノサイト)に情報を伝達します。

そして、メラニン色素が肌へ移ることとなります。

 

これが新陳代謝によって角質とともに剥がれ落ちてくれれば何の問題もないのですが、何らかの原因によってそのまま残ってしまうと、それがシミとなってしまうわけです。

そこで、トラネキサム酸の出番です。

トラネキサム酸はメラノサイトの周りの細胞に働きかけます。

そして、メラノサイトの働きが活性化することのないよう、プラスミンのようなタンパク分解酵素の働きを抑制します。

その結果、メラニンの生成が抑えられるというわけです。

 

内服薬や化粧品を利用する際の効き方と注意点と副作用

トラネキサム酸の使われ方としては、市販のものであれば2通りあります。

1つは内服するパターン、もう1つは外側から塗って使うパターンです。

 

内服薬

既に出来てしまっているシミ・肝斑には、内服する方が効果的です。

身体の内側から作用します。

 

注意点

トラネキサム酸を服用すると、血栓が溶けにくくなります

よって、血栓症であったり、血栓症予備軍であれば、医師や薬剤師の判断を仰ぐ必要があります。

 

副作用

副作用が考えられます。

それは、発疹や吐き気、もしくは頭痛やめまいといったものです。

また、腹痛として現れることがあります。

 

少しでもおかしいと思ったら服用を中止して、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

化粧品

大手化粧品会社をはじめ、かなりの数のトラネキサム酸配合化粧品が販売されています。

化粧品としてはあくまでも予防のためのアイテムとはなりますが、トラネキサム酸を試してみたいという方は気軽に化粧品から始めてみましょう。

 

注意点

あくまでも肌の上からつけるものであり、内服するタイプのものよりも効果は表れにくいです。

そうなると、効果を感じることが出来るようになるまで、ある程度続ける必要が出てくるでしょう。

よって、自分にとって続けていきやすい価格帯のものを選んでおく方が無難です。

 

そして、成分表にも注目してください。

なるべく前の方にトラネキサム酸が記載されているものを選ぶようにしましょう。

トラネキサム酸の配合の割合が多いということになるからです。

 

副作用

化粧品において、トラネキサム酸の副作用の報告はないと言ってよいでしょう。

ただ、敏感肌の方は念のため注意をしてください。

まずはパッチテストを行って、問題がないかどうかきちんと確認してくださいね。

 

どんなに紫外線を浴びないようにしていても、シミや肝斑はいつもの間にか出来ているものですよね。

もちろん、基本のスキンケアを怠ってはいけませんが、それでもシミや肝斑に悩まされる場合には、トラネキサム酸に頼ってみましょう。

きっと、お助けアイテムとなってくれるでしょう。

 

トラネキサム酸との併用でシミ予防をより効果的に!

トラネキサム酸にはシミの予防効果があります。

トラネキサム酸でも充分効果は得られるかとは思いますが、もっと効果を感じたいのであれば、他の美白成分と併用してみましょう。

 

基本中の基本!日焼け止めはマスト!

トラネキサム酸はシミ予防に一役買ってくれますが、気を付けなければならないのは、日焼け止め効果はないということです。

紫外線を遮るには日焼け止めを併用する必要があります。

 

そして、紫外線から肌を守るためには、帽子やサングラスを活用しましょう。

また、長そでを着用することで、紫外線を浴びないようにすることも大切です。

意識して紫外線を浴びないよう気を付けましょう。

 

メラニンの生成を抑える美白成分

シミ予防に効果のある他の成分は以下の通りです。

 

アルブチン

チロシナーゼはメラニンを生成する物質ですが、そのチロシナーゼの働きをアルブチンが抑制します。

ビタミンC誘導体と一緒に配合されることが多いのは、ビタミンC誘導体に抗酸化作用があり、併用することでよりシミを予防することが出来るからです。

 

ビタミンC誘導体

こちらもチロシナーゼの働きを抑えて、メラニンを生成させにくくします。

また、シミに直接働きかけるのもこの成分の特徴です。

さらに、抗酸化作用、新陳代謝を促進する作用があり、化粧水などに配合されることが多い成分です。

 

フラーレン

ビタミンCは壊れやすいのが難点ですが、このフラーレンであれば安定しているのが魅力的です。

活性酵素を抑制する働きを持っています。

 

すでに作られたメラニンにはビタミン!

シミを作らないよう、予防やケアに取り組むことが先決となります。

しかしながら、既に出来てしまったシミについては、別のケアを行いましょう。

 

ターンオーバーを促すことでメラニンを肌から剥がすようなケアを行います。

それにはビタミンが効果的です。

ビタミンAの一種であるレチノールは、正常な代謝ができるよう手助けしてくれます。

真皮で作られるコラーゲンの合成を促す効果もあります。

既に出来てしまったシミに悩んでいる場合は使ってみてください。

 

また、ビタミンCであれば、メラニンを還元する効果があります。

既に出来たシミを薄くするのに使ってみましょう。

これらのビタミンを利用するとともに、ピーリングを普段のケアとして取り入れてみましょう。

角質ケアもシミ対策に効果がありますよ。

 

まとめ

トラネキサム酸が効果がある理由についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

出来てしまったシミやそばかす、肝斑に悩んでいるのであれば、ぜひ使ってみてください。

また、シミ予防としても活用することができます。

 

多少注意すべきこともありますが、化粧品として使用する分には副作用の心配もありません

普段のスキンケアに手を抜かないことはもちろんですが、トラネキサム酸を取り入れてより美白に励みましょう!

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★









よく読まれている記事

-成分, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.