エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

ニキビ肌 ブライトエイジ エイジングケア 効果 敏感肌

ブライトエイジは敏感肌・ニキビ肌でも使えるの?効果あるの?

更新日:

ブライトエイジという年齢肌ケア化粧品をご存知ですか?

 

製薬会社の第一三共が開発に携わり、独自の視点で年齢肌トラブルの原因は肌内部の小さな炎症「年齢肌炎症」であることを突き止めました。

 

そこでオリジナルの消炎・美白成分である「トラネキサム酸」を配合したのがブライトエイジ。

 

年齢肌炎症にダイレクトに働きかけ、ハリの低下・しわ・くすみなどの悩みを一掃し、さらに美白もしてくれる画期的な化粧品です。

ブライトエイジはトラネキサム酸配合の医薬部外品であることから効果が非常に高いと評判な一方、敏感肌やニキビ肌の人にとっては刺激が強いのでは、と不安になるかもしれませんね。

 

そこで今回は、ブライトエイジは敏感肌やニキビ肌でも安心して使えるのか、効果はあるのかという点について徹底調査しました。

ブライトエイジの成分や口コミについて触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

 

ブライトエイジの成分をチェック!刺激成分は入っている?

3つの無添加を実現

ブライトエイジは

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • エタノール

という3成分を無添加としています。

 

化学的に合成された成分は、敏感肌の人にとって発赤やピリピリとした刺激を感じる代表的なもの。

ブライトエイジはほのかな柑橘系のような良い香りがしますが、これは月見草油、ラベンダー油、ローマカミツレ油などの天然の香りです。

肌への刺激が少なく安全性も高いので安心して香りを楽しんでくださいね。

 

エタノールはアルコールの一種なので、刺激が強め。

敏感肌の人、乾燥肌の人、そしてアルコール(お酒)に弱い人、注射の前の消毒でかぶれたことのある人などは注意が必要な成分です。

溶媒や防腐剤として添加されることが多いのですが、ブライトエイジでは刺激の強さを考え無添加としています。

 

有効成分の安全性

ブライトエイジは、抗炎症・美白有効成分として「トラネキサム酸」を配合しています。

トラネキサム酸とはアミノ酸の一種で、第一三共オリジナルの成分。

抗炎症・止血効果があることから医療用として使用されてきましたが、その他の効果としてメラニンの生成を抑える効果があることが分かりました。

肌が紫外線を浴びると、紫外線から守るためにメラノサイトという細胞がメラニンを作り出すよう命令を出し、メラニンが増えてシミとなります。

トラネキサム酸はこの時の情報伝達物質「プロスタグランジン」をブロックする作用があるため、結果的にメラニンの生成を抑え、シミを防ぐというわけです。

トラネキサム酸は抗炎症効果による年齢肌炎症改善と、メラニン抑制効果による美白を実現してくれる画期的な成分なのですね。

トラネキサム酸は厚生労働省の許可を受けた有効成分なので、トラネキサム酸を一定量配合しているブライトエイジは「医薬部外品」(医薬品よりは穏やかだが改善効果が認められるもの)に指定されています。

トラネキサム酸は止血剤として使われることからも分かるように、刺激が少なく人体に悪影響のでる成分ではありません。

敏感肌・ニキビ肌の人も安心して使用できる有効成分と言えるでしょう。

 

その他成分の安全性

トラネキサム酸の他に、ブライトエイジには様々な保湿・美容成分が含まれています。

アミノ酸・セラミド・コラーゲン・エラスチン・アーティーチョークエキス・ヒバマタ・イシゲエキス・パンテチンなど。

これらはもともと人体に存在する成分や海藻・植物など自然由来の成分なので、敏感肌やニキビ肌の人も安心して使用することができます。

 

添加物パラベンについて

ブライトエイジの中で唯一きになるとすれば、パラベンという添加物が配合されていることかもしれません。

パラベンは正式名称をパラオキシ安息香酸エステルと言い、化粧品・食品・医薬品などの防腐剤として80年以上も使われている化学物質です。

パラベンは多少刺激はあるものの、人体に対する毒性は極めて低く、カビや微生物の繁殖を防ぐ効果に優れているため古くから使用されてきた成分なのです。

化粧品を販売するには、薬事法により「未開封で3年以上保存できる」ことが義務付けられており、防腐剤の添加は必須とも言えます。

パラベンフリーの化粧品もありますが、それは別の防腐剤を使用しているということにもなり、場合によってはパラベンよりも危険な防腐剤が添加されているということもあり得るのです。

ですからブライトエイジが防腐剤としてパラベンの使用を選んだことは、決して肌への刺激を無視しているわけではなく、肌への刺激を最小限にするためと言えるでしょう。

 

ブライトエイジはニキビに効果ある?

ブライトエイジに含まれているトラネキサム酸は抗炎症効果があるため、ニキビの炎症の緩和が期待できます。

 

また、肌が乾燥していると皮膚が肌を守るために皮脂を過剰に分泌してしまい、ニキビの原因となってしまうこともありますが、ブライトエイジはアミノ酸ミックス・セラミドミックスというダブル保湿でしっかり肌の水分を保ち、乾燥から守ります。

 

このようにブライトエイジはニキビ肌の人にも嬉しい効果が詰まっているのです。

 

ただ、ブライトエイジにはニキビの元になる「アクネ菌」を殺す効果はないので、ニキビの治療をしたい場合は皮膚科に相談するか、ニキビ用の化粧品や医薬品を使用することをお勧めします。

 

ブライトエイジ、敏感肌やニキビ肌の人への効果を口コミでチェック!

それでは、実際に敏感肌やニキビ肌の人が使ってみて、刺激や効果はどうだったのか、口コミを確認してみましょう。

 

(ikatさん 39歳 女性)

私は敏感肌かつ乾燥肌。

ずっと使用していた評判の良い敏感肌用化粧品でも刺激を感じるようになってしまい、「美白」などの効果のある化粧品は一切ダメだろうと思っていました。

でも年齢を重ねるにつれ、年齢肌の悩みも増えてきて困っていたんです。

そんな時にブライトエイジに出会い使ってみたところ、あまりに使用感が良いのでびっくり!

お肌に吸い付くような感じの化粧水で、あんなに乾燥していた私の肌が潤いを取り戻しました。

まだ使い始めて数日なので、今後美白効果を期待しています。

 

(ジュンジュンさん 60歳 女性)

敏感肌で他の化粧品でかぶれてしまったのですが、ブライトエイジは刺激を感じず使用できます。

化粧水と美容液をセットで使っています。

使用前は肌の炎症が痒く、カサカサに乾燥していたのに、使用して1週間経った現在はしっとり肌に変化!

今後もしばらく継続したいと思っています。

 

年齢を重ねると、これまで敏感肌ではなかった人もちょっとした刺激で炎症をかぶれてしまたり、乾燥がひどくなったりしがちなもの。

ブライトエイジはそんな大人のゆらぎ肌にぴったりな化粧品なのですね。

 

まとめ

ブライトエイジは敏感肌やニキビ肌でも使えるのか、そして効果はあるのか、という点について詳しくご紹介しました。

ブライトエイジはお肌に優しい成分を使用しており、敏感肌・ニキビ肌に人も安心して使うことができます。

また有効成分トラネキサム酸がお肌の炎症を抑えるため、他の化粧品でかぶれてしまったという人がブライトエイジを使うことで改善された、という例も多いようです。

 

ブライトエイジにはお手頃価格のトライアルキットが用意されているので、年齢肌特有の不安定な肌状態の人、肌への刺激が心配だけど美白やエイジングケアを積極的にしたい人は試してみてはいかがでしょうか。

 

解約
ブライトエイジの解約条件や方法を徹底解説!30日間全額返金制度とは?

定期コースという言葉を聞いて、もう騙されない!なんて警戒する人も少なくないはずです。というのも、ダイエット商品や美容商品 ...

続きを見る

レビュー
ブライトエイジを実際に購入してレビューしてみた!評判通りの効果あるの?

ブライトエイジの特徴は? 「顔の小じわが気になって仕方ない」 「「年齢を重ねるごとに肌が乾燥してきた」 など、加齢にとも ...

続きを見る

-ニキビ肌, ブライトエイジ, エイジングケア, 効果, 敏感肌
-,

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.