エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

肌のたるみ エイジングケア

肌のたるみ女性より男性の方が注意が必要?!原因は一体何?20~60代に向けた各年齢の対策法まとめ

投稿日:

「加齢と共に肌がたるんできた・・・」

 

そんな経験はありませんか?

年齢を重ねるとともに肌の老化もどんどん進行していきます。

 

適切なケアを行わなければ肌の老化は防ぐことができませんが、そのためには肌のたるみの原因を根本から解消する必要があります。

しかし肌のたるみの原因は性別や年齢によっても様々です。

 

そこで今回は、肌のたるみの原因や年齢との関係、年齢別のおすすめのエイジングケア方法について詳しく解説していきます。

少しでも参考になると嬉しいです。

 

たるみの主な原因とは

たるみの原因は実に様々ですが、中でも下記の3つが要因となっていることが多いです。

ここではそれぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

 

真皮の衰えによる肌弾力の低下

真皮は肌の表面にある表皮と一番下にある皮下組織の間にある皮膚です。

厚さは2ミリ程度で肌全体の半分以上を占めています。

 

真皮にはコラーゲンやエラスチンを生成する真皮芽細胞が存在しており、この細胞が活発に働くことで肌のハリ・ツヤが維持されています。

しかし肌内部の美容成分は20代をピークに減少していくため、そのままにしておくと真皮芽細胞の働きはどんどん衰えてきます。

 

そうすると肌の成分のバランスが崩れてターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

その結果、肌内部の美容成分が不足して肌のハリが失われ、くすみやたるみが気になるようになってしまうのです。

 

表情筋などの筋肉の衰え

顔にはたくさんの筋肉があり、表情によって動く筋肉を

 

表情筋

 

と言います。

 

顔の筋肉はすべて繋がっているため、表情筋を鍛えることで顔全体がすっきりとして見えます。

しかし表情筋はあくまでも筋肉の一種なので、使わなければどんどん衰えてしまいます

 

現代は昔に比べて食文化が大きく発展しており、柔らかい食べ物が増えました。

特に若い世代はファストフードや麺類などの柔らかい食べ物を好むため、顎の筋肉が使われずに衰えやすくなっています。

 

若いうちは支障がなくても、年齢を重ねるとともにその影響はどんどん出てきてしまいます。

 

顔のたるみを予防するためには、硬い食べ物を食べたり喜怒哀楽を表現して表情筋を鍛えることが大切です。

普段から表情筋を鍛える体操を行うのもおすすめです。

 

不規則な生活

加齢によるたるみには不規則な生活が関係していることが多いです。

特に下記の項目に該当する方は生活習慣を見直す必要があります。

 

  • 仕事で昼夜が逆転しがち
  • 慢性的な睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 喫煙
  • 飲酒

 

加齢に伴って肌老化が進むと同時に、自ら肌を老化させているといっても過言ではありません。

不規則な生活習慣は肌のたるみだけでなくほうれい線やシワ・シミなど様々な肌トラブルを招きます。

 

皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化

肌の一番奥にある皮下組織はクッションの役割を担っている大切な部分です。

 

しかし、皮下組織が衰えると肌の保湿力が低下して肌老化が進行してしまいます。

さらに皮下組織にある皮下脂肪が重力に逆らえなくなり、肌が下へ下へとたるんでいってしまいます。

 

その他のたるみの原因と要因

下記が原因で肌のたるみが起こることもあります。

 

  • 姿勢の悪さ
  • 体内の糖質が増加することで起こる糖化
  • 活性酸素の増加
  • コラーゲンの減少

 

男性と女性ではどちらがたるみやすい?

ドラッグストアや薬局の化粧品コーナーには男性化粧品も豊富に取り揃えてあります。

これはエイジングケアが女性だけでなく男性にも周知されつつあることの表れでしょう。

 

そこで気になるのが

 

『男性と女性の肌のたるみに差があるのかどうか』

 

ですよね。

 

結論から述べると、肌がたるみやすいのは女性です。

 

なぜなら、男性と女性では肌内部の成分量や皮脂分泌量に差があるからです。

男性の皮膚は女性よりも分厚く、そして皮脂分泌量は女性の約3倍にもなります。

 

「男性のほうが肌トラブルが起こりやすいのでは?」

 

と思いがちですが、肌が分厚いということはそれだけ肌のバリア機能が高いということです。

さらにたくさんの皮脂が肌の表面に膜を張ってくれるので肌を乾燥から守ってくれます。

 

もちろん男性の肌も加齢と共に衰えてきますが、女性よりも肌が強いため老化現象が表れにくいのです。

ただし目に見える肌老化が少ないがために、エイジングケアを怠る男性が続出しているのが現状です。

 

肌老化を予防してたるみを防ぐという意味では男性のほうが有利ですが、知識やエイジングケアの観点では女性のほうが優位だといえます。

どちらにしても老化現象が目に見える前にケアを始めることが大切です。

 

年齢別・年代別のたるみの特徴とエイジングケア

肌老化は早い人では20代から始まっています。

 

「あれ、こんなところにシミなんてあったっけ?」

 

「毛穴が開いてきた気がする・・・」

 

そんなちょっとした肌の変化が実は肌老化のサインであることが非常に多いのです。

 

肌の老化を防いでたるみを予防するには、エイジングケア化粧品を用いたスキンケアと生活習慣の改善を行いましょう。

ただし年齢によってたるみの原因やエイジングケア方法は異なりますので、自分に合った化粧品・ケア方法を見つけることが大切です。

 

ここでは年齢・年代別のたるみの状態やケア方法についてご紹介していきます。

 

20代のたるみとエイジングケア

20代前半でエイジングケアを行う人はほとんどいないでしょう。

なぜなら、20代では肌の老化が始まっていない、もしくは肌の表面にトラブルが起こっていないことが多いからです。

 

個人差はあるものの、20代からほうれい線や肌のたるみ・シワが目立つ人はほとんどいません。

そのためエイジングケアに無関心となってしまうのです。

ちなみに私が20代前半の頃はエイジングケアの意味さえ知りませんでした。笑

 

20代後半から症状が出始める

早い人では20代後半から様々な肌トラブルが起こります。

ニキビなどの可愛いものではなく、シミやたるみ、シワ、ほうれい線などの肌が老けて見える症状ばかりです。

 

これらは基本的にスキンケアで治すことは難しく、生活習慣の改善や美容クリニックでのケアが必要となることもあります。

また、肌内部に存在するコラーゲンやエラスチン・セラミドなどの成分は20代から徐々に減少していくため、気づいたときには肌がたるんでいることも珍しくありません。

 

急な肌トラブルに見舞わないためにも、症状が出ていないうちにエイジングケアを始めましょう。

なお、エイジングケアを始める時期については

 

「エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?」

 

にて詳しくご紹介しています。

 

30代のたるみと肌悩みのエイジングケア

30代になるとコラーゲンやエラスチンだけでなく女性ホルモンの分泌量も減少してきます。

そうすると下記のような肌トラブルが現れるようになります。

 

  • ほうれい線
  • 目元のシワ
  • シミ
  • くすみ
  • たるみ

 

中でもシミが増えたり肌のくすみが気になるようになる人が多いようです。

適したエイジングケアを行うのがおすすめです。

若いころの肌とは異なるため、同じ基礎化粧品を使用していても改善が見られないことが多くなりがち

一度、今のスキンケアが自分に合っているのか確認してみましょう。

それを踏まえて新しい基礎化粧品に変更することを検討してみてくださいね。

 

40代のたるみと肌悩みのエイジングケア

40代になると肌内部の成分や女性ホルモンの分泌量はさらに減少し、肌が垂れ下がっているように見えることもあります。

これが肌のたるみです。

 

肌がたるんでしまうと、ハリやツヤが失われて顔のパーツと皮膚の間にシワができやすくなります。

こうなるとエイジングケア化粧品を使っても元に戻すことは極めて困難です。

40代からエイジングケアを始めるのは遅すぎます。

エイジングケアは肌老化を”予防”するものであって、元の状態に戻すことはできません。

そのため40代からのエイジングケアは肌老化の進行を抑える目的で使用するようにしましょう。

 

50代のたるみと肌悩みのエイジングケア

50代になると肌のたるみはどんどん進行します。

ハリやツヤが失われてシミやイボ、ほうれい線や目元のシワなど様々な肌トラブルが気になるようになります。

 

50代専用のエイジングケア化粧品も販売されていますが、気休め程度だと考えておいたほうが良いでしょう。

この年代になると、エイジングケアに力を入れるよりも肌の老化を受け入れてケアを続けることが大切です。

 

60代以降のたるみと肌悩みのエイジングケア

60代以降は老化が進んでたるみやシミができるのは当たり前になっていることが多いです。

コラーゲンやセラミドの生成もほとんど行われていないため、肌質を根本から改善するのは難しいでしょう。

60代以降のエイジングケアでは自分の肌に合ったスキンケアでしっかりと保湿することが大切です。

 

たるみの予防と表皮のスキンケア

肌のたるみは皮下組織や真皮の老化が原因で起こることがほとんどです。

そのため肌の表面をケアするエイジングケア化粧品では限界があります

シミやそばかすをなくしたい方は美容クリニックや皮膚科で外科的治療を受けたほうが確実ですし、スキンケアでたるみをなくすことはできません。

肌の老化を防いでシミやそばかす、たるみを”予防”するのがエイジングケア化粧品です。

 

自分の肌質に合った化粧品でケアを行い、清潔な素肌を維持しましょう。

そして肌に良い食事を摂ったり規則正しい生活を送るなどの生活習慣の改善を行ってください。

 

まとめ

肌の老化は年齢と共にどんどん進行していきます。

肌のたるみを防ぐためにはエイジングケアを行って肌の老化を予防することが何よりも大切です。

そして生活習慣を改善して体の内側からキレイを手に入れましょう。

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!

レビュー
ブライトエイジを実際に購入してレビューしてみた!評判通りの効果あるの?

ブライトエイジの特徴は? 「顔の小じわが気になって仕方ない」 「「年齢を重ねるごとに肌が乾燥してきた」 など、加齢にとも ...

続きを見る



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★



-肌のたるみ, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.