エイジングケアの人気化粧品「ブライトエイジ」が効果がないという噂を検証します!悪い口コミブログ評判レビューを徹底解剖!

【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは?

肌のハリ エイジングケア

年齢と共にお肌のハリが!?取り戻す方法はある?10の原因を知って適切なケアを

投稿日:





肌のハリは年齢と共に失われがちです。

ハリのある肌は若々しく見えますが、ひとたびハリが失われると一気に老けて見えてしまいます。

 

ほうれい線が目立つようになったり目じりや口元にシワが増えたり・・・。

そんなの嫌ですよね。

 

そこで今回は、肌のハリの仕組みや失われたハリを取り戻す方法について解説していきます。

最後まで参考にしてもらえると嬉しいです。

 

お肌のハリって?

ハリとは、肌の内側がコラーゲンやヒアルロン酸などの美容・保湿成分で満たされている状態を指す言葉です。

内側が満たされていることで、肌がピーンと張ってハリが生まれるのです。

また、表情筋が鍛えられているかどうかも肌のハリに影響を与えます。

 

しかし、これらの成分は10代をピークに年々減少すると言われています。

これは加齢によって肌の真皮にある真皮芽細胞の活動が衰えるためです。

真皮芽細胞の活動が衰えるとコラーゲンの生成量が減少して肌のハリがなくなっていきます。

さらには、ほうれい線や小じわ・顔全体のたるみが気になるようになってしまいます。

 

なお、紫外線ダメージや肌の乾燥、不規則な生活習慣が原因でハリが失われることもあります。

 

お肌のツヤとハリの関係は?

『お肌のツヤ』

 

という言葉もハリと同様にエイジングケアでよく耳にする言葉です。

しかし、実は肌のツヤに対する明確な定義というものはありません

一般的には下記のような状態の肌に対して使われています。

 

  • 毛穴が目立たない肌
  • キメが整っている肌
  • クマやくすみ、シミがない肌
  • 顔全体が明るく透明感のある肌

 

そして、ツヤとハリは大きく関係しています。

 

例えば、毛穴が目立たないキレイな肌でもほうれい線やシワがあると老けて見えますよね。

逆にいくら肌にハリや弾力があっても、シミやくすみが目立っていては同じく老けて見えてしまいます。

このように、どちらか片方が欠けるだけで肌年齢は大きく変化してしまうのです。

 

肌のハリを維持するには真皮に存在しているコラーゲンやエラスチンの量が関係していますが、ツヤに関しては肌表面の表皮が関係しています。

つまり、どちらもケアしなければ肌のハリとツヤを取り戻すことはできないと考えれます。

 

失ったハリを取り戻すのは大変

最初から衝撃な事実をお伝えしますが、失ったハリを取り戻すには数年の期間を要すると言われています。

そもそも、ハリが失われているということは肌の真皮にある下記の成分が減少しているということです。

 

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン

 

そして年齢と共に真皮芽細胞の活動が衰え、血管も老化の一途をたどっています。

 

「肌に必要な成分が減っているなら増やせばいいのでは?」

 

と考える方もいるかもしれませんが、残念ながらそう簡単にはいきません

 

肌の内側からハリを取り戻すには、真皮芽細胞の活動を活発にしてコラーゲン生成量を増やす必要があります。

さらに、血管の衰えを改善するために生活習慣も見直さなければなりません。

 

勘違いしている方が多いのですが、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている化粧品はあくまでも肌の表皮をケアするものです。

いくら高級な化粧品を使っても、肌の奥深くにある真皮までは浸透させることができません。

 

そのため、肌のハリを取り戻すにはある程度の時間がかかるのです。

 

肌のツヤは取り戻しやすい?

肌のツヤは肌の表面(表皮)が関係しているため、しっかりとスキンケアを行えば比較的改善しやすいと言えます。

肌のツヤを取り戻すためにも、ターンオーバーを正常化して清潔な肌を維持するように心がけましょう。

 

普段使っているスキンケア製品を見直してみたり不規則な生活習慣を正すなど、できることから始めてみてください。

年齢を重ねれば重ねるほどキレイな肌を取り戻すのは難しくなってしまいますので、早めのケアが大切です。

 

肌のハリが無くなる原因とは?

肌のハリには真皮に存在する成分や皮下組織、表情筋が関係していることが分かりました。

つまり、これらのどれかが欠けると肌のハリが失われると考えられます。

ここではそれぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

 

真皮の衰え

真皮では肌に必要な下記の成分が生成されています。

 

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸
  • プロテオグリカン

 

これらの成分は真皮そのものが作り出しているわけではなく、真皮に存在する

 

『線維芽細胞(せんいがさいぼう)』

 

の働きによって生成されています。

つまり線維芽細胞の働きが活発であれば肌のハリが維持され、線維芽細胞の活発が衰えると真皮内の成分が減少するということになります。

 

また、線維芽細胞の活動そのものも加齢とともに衰えてしまうため、そのままにしておくと徐々に肌の内側の成分が減少してしまいます。

その結果肌の内側でハリを維持してくれる成分が不足してハリが失われてしまうのです。

 

皮下脂肪の衰え

皮下組織は真皮のさらに奥にある皮膚の土台となっている部分です。

厚さは10ミリ以上にも及び、外部からの刺激を和らげたりクッションの役割を持っています。

断熱・保湿性にも優れており、健やかな肌作りには欠かせません。

そして皮下組織は大半が皮下脂肪で作られています

皮下脂肪と聞くと

 

  • 肥満
  • 不健康
  • 体に悪い

 

というイメージを抱きがちですが、皮下脂肪は肌にエネルギーを蓄える大切な役割も持っています。

すべての皮下脂肪が肌に悪いというわけではないのです。

しかし、この皮下脂肪が衰えるとほうれい線やシワ、たるみの原因となってしまいます。

 

例えばお腹周りに皮下脂肪が蓄積されると下っ腹が出てたるんで見えますよね?

それと同じ原理です。

顔がたるむと太って見えたり不健康に見られがちです。

肌のハリを維持するためには皮下脂肪の衰えを防ぐことが大切なのです。

 

表情筋の衰え

表情筋は顔の表情を作るために必要な筋肉の総称です。

表情が豊かで顔の筋肉を頻繁に動かす人や、硬い食べ物を好んで食べる人は表情筋が発達していますが、逆の場合は表情筋が衰えている可能性があります。

筋肉の一種なので使わなければどんどん減少していきますし、たとえ表情筋が発達していても加齢とともに筋肉量は減少してしまいます。

 

そうすると、表情筋が衰えて血流が悪化し、リンパの流れが悪くなったり重力に逆らえずにたるんでしまうのです。

中には顔の浮腫みが悪化したという人もいます。

 

お肌のハリ不足をもたらす要素は

肌のハリ不足は表皮や真皮、線維芽細胞のほかにも様々な要因が重なって起こります。

ここではハリ不足に直結する原因を10個ご紹介していきます。

少しでも原因を解消してハリ不足を予防しましょう。

 

紫外線ダメージ

紫外線ダメージと聞くと真っ先に思い浮かぶのがシミや色素沈着などの肌トラブルではないでしょうか?

しかし、紫外線が肌へ与えるダメージはこれだけではありません。

実は肌のハリにも大きな影響を及ぼしているのです。

 

紫外線にはUV-AとUV-B、UV-Cの3種類がありますが、この中で肌のハリに最も関係しているのがUV-Aです。

UV-Aは紫外線の中で最も浸透力が強く、ガラスを通して室内にまで降り注ぎます

 

さらに肌の真皮にまで到達するという特徴を持っています。

そして紫外線が真皮に到達することで線維芽細胞が傷ついてしまい、肌に必要な成分を生成する働きが衰えてしまうのです。

 

一般的な日焼けは肌が赤くなったり皮がむけるなどの症状があらわれますが、真皮に到達した紫外線は特に自覚症状がありません。

そのため気づかないうちに線維芽細胞が損傷していることが多々あります。

線維芽細胞が死滅すると肌に必要な成分が不足して様々な肌トラブルが起こるようになってしまいますので、天候に関係なく普段から日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

活性酸素

活性酸素は真皮層が紫外線を浴び続けることで増加します。

これは紫外線から肌を守ろうとする防衛反応によるものです。

 

活性酸素は微量であれば特に悪影響はありませんが、活性酸素の量が増加するとコラーゲンが酸化してハリの衰えにつながってしまいます。

さらに活性酸素がエラスチンなどの必要な成分までを攻撃して破壊してしまうことも分かっています。

 

なお、活性酸素は紫外線だけでなく下記の日常生活が原因で発生することも多々あります。

 

  • タバコ
  • 飲酒
  • ストレス
  • 食品添加物の摂取

 

お肌の乾燥

肌の乾燥はハリにとって大敵です。

肌が乾燥すると表皮の水分が不足して肌のバリア機能が低下します。

そうすると外部からの刺激に対して肌が敏感になり、紫外線ダメージがより浸透しやすくなってしまうのです。

 

さらに表皮と真皮の両方のコラーゲンが不足した状態となり、肌内部の成分のバランスが大きく崩れます。

成分のバランスが崩れると、ピーンと張っていたハリが失われてハリ不足に陥ってしまいます。

 

乾燥の原因は肌質や外的要因など様々ですが、日ごろから保湿効果の高いスキンケア製品でケアを行いつつ、生活習慣を改めることが大切です。

 

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは10~20代をピークに減少していき、閉経を迎える40代後半になるとさらに減少します。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、肌のハリに関係しているのが卵巣から分泌されるエストロゲンです。

 

エストロゲンはコラーゲンやエラスチンの生成に関係しており、エストロゲンが一定量分泌されることで肌にハリやツヤが生まれています。

つまり、エストロゲンが減少するということは、それだけ肌の老化が進むということです。

特に肌のたるみや浮腫み、ハリ不足が気になるようになります。

 

顔冷え

顔冷えという言葉をご存知ですか?

顔冷えとは、簡単に説明すると

 

『顔の冷え性』

 

のことです。

顔が冷えると肌の皮下組織にある毛細血管が細くなって血流が悪化します。

血流が悪化するとエラスターゼという成分の働きが活発になるのですが、このエラスターゼが厄介なのです。

 

エラスターゼには肌のハリに必要なエラスチンを分解する作用があるため、働きが活発になりすぎるとエラスチンが減少する要因となってしまいます。

顔全体を外気から守ることは非常に困難ですが、肌が冷えたときはホッカイロで温めるなどの対策を取りましょう。

 

生活習慣・食生活の乱れ

冒頭でもご紹介したように生活習慣・食生活の乱れは活性酸素の分泌を促します

活性酸素は肌にとって大敵なので、ハリのある肌を維持するためも生活習慣を今一度見直しましょう。

 

どちらもすぐに始めることができますので、今からご紹介する項目でできそうなものから実践してみてください。

 

生活習慣の見直し
  • 0時までに就寝する
  • 睡眠時間を6時間以上確保する
  • 水を1日1リットル以上飲む(2リットルが理想)
  • 有酸素運動と無酸素運動を取り入れる
  • 紫外線対策を行う
  • 適度にストレスを発散する

 

食生活の見直し
  • 緑黄色野菜を食べる
  • 過度な食事制限のダイエットをやめる
  • 脂質の多い食事を控える
  • 休肝日を増やす
  • 禁酒する
  • 甘いものを控える

 

喫煙

喫煙は体にとって何も良いことはありませんし、様々な病気を発症するリスクが高まるだけです。

 

まず、タバコには約200種類以上もの有害物質が含まれていると言われています。

中にはコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを破壊する物質もあります。

さらに、タバコを吸うと活性酸素が大量に生成されるため、コラーゲンが大幅に減少してしまいます。

 

「肌にハリやツヤがない」

 

「肌がくすんで黒く見える」

 

という方は喫煙が原因かもしれません。

いきなり禁煙をするのは大変だと思いますが、タバコが肌に与える影響は非常に大きいということを忘れないでください。

 

過度なダイエット

糖質制限ダイエットや野菜だけを摂取するダイエットなど、極端なダイエットは肌トラブルを招く原因となります。

たとえ理想の体重になったとしても、肌も髪の毛もボロボロで不健康に見えてしまっては理想の女性像とはほど遠いですよね。

 

健康で健やかな肌を手に入れるためにはバランスの取れた食生活と規則正しい生活習慣が大切です。

過度なダイエットはやめて、運動を取り入れたり間食を控えるなど無理のない範囲で行ってください。

 

誤ったスキンケア

「しっかりとエイジングケアをしなくちゃ!」

 

と、色々な化粧品を使ったり入念にスキンケアを行っている人は多いと思います。

 

しかし、過度なスキンケアは逆効果となることが多いです。

スキンケアは化粧品をたくさん使ってケアをすればいいというわけではありません。

あくまでも自分の肌に足りないものを補うためのものです。

 

油分は十分足りているのにも関わらず油溶性の保湿化粧品を使ったり、水分が不足しているのに化粧水を少ししか使わなかったり・・・。

思い当たる節はありませんか?

 

自分の肌の状態にあったスキンケアを行わなければ十分な効果を得ることはできませんし、肌にとっては

 

『スキンケアをした”つもり”』

 

になってしまっている可能性があります。

このように誤ったスキンケアは肌のハリやツヤを失う原因のひとつなので、これを機に化粧品の使い方を見直してみてくださいね。

 

猫背がハリの低下の原因に?

猫背になると、首の後ろの筋肉が緊張して凝り固まってしまいます。

そうすると顔が常に前に突き出た状態になり、重力とともに顔全体が下に引っ張られます

 

その結果、肌がたるんでほうれい線やシワができやすくなってしまうのです。

猫背の人は普段から胸を張るようにするなど姿勢を意識してみてください。

 

肌のハリをキープする方法!正しいエイジングケアの知識を身に着けよう

肌のハリやツヤについて理解を深めたところで、続いてはエイジングケア化粧品の正しい使い方について解説していきます。

エイジングケアで大切なのは下記の3点です。

 

  • 肌を清潔に保つこと
  • 紫外線対策を行うこと
  • しっかりと保湿すること

 

この3つが守れていれば最低限のエイジングケアができます。

ただし、これからご紹介する内容は肌のハリの維持には効果的ですが、表情筋の衰えなどが原因のたるみには効果がありません。

 

清潔を保つためには正しいクレンジングや洗顔が大切

素肌を清潔に保って肌のハリを維持するためには、正しい方法でクレンジングと洗顔を行うことが大切です。

メイクをしている人にとってクレンジングや洗顔は当たり前のケアかもしれませんが、あなたが普段行っているケアは果たして正しいのでしょうか?

 

これからご紹介する方法をぜひ普段のクレンジングや洗顔方法と比較してみてください。

 

肌のハリを維持するための正しいクレンジング方法

肌のハリを維持するためには肌に摩擦を与えないことが大切です。

最初から顔全体をクレンジングすると、メイクの濃さの違いでメイク落ちに差が出てしまいます。

そのため、まずはポイントリムーバーでアイメイクの汚れを優しく落としましょう。

 

続いては、早速クレンジングでメイクを落としていきます。

肌のハリを維持するという意味ではクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

 

メイク落ちが良いのはオイルタイプですが、洗浄力が強く必要な皮脂まで落としてしまうのであまりおすすめしません。

ただし、使用感などの好みもあると思いますので、お手持ちのクレンジングを使ってもらって構いません。

 

詳しいクレンジング方法は下記の通りです。

 

  1. クレンジングを手に取って温める
  2. 肌に優しく伸ばし、クルクルと円を描くように素早くメイクと馴染ませる
  3. 32度くらいのぬるま湯で優しく洗い流す

 

クレンジングは決して肌に良いものではありませんので、時間をかけずにできるだけ手早く行いましょう。

また、熱いお湯ではなく必ずぬるま湯で洗い流してください。

 

肌のハリを維持するための正しい洗顔方法

続いては洗顔方法についてご紹介していきます。

 

  1. 洗顔料を手に取る
  2. 顔の内側から外側に向かってクルクルと馴染ませていく
  3. 32度くらいのぬるま湯で洗い流す
  4. タオルで顔を覆うように優しく拭く

 

クレンジングと同様に必ずぬるま湯で洗い流してください

そしてタオルで拭くときはゴシゴシこするのではなく、肌に押し当てるような感じで水分を拭ってください。

 

紫外線対策

紫外線対策は四季を問わずできるだけ毎日行いましょう。

1つの日焼け止めを使うのではなく、室内用と室外用にSPFやPAの値が異なるものを使うのがおすすめです。

例えば、1日中外にいるときはSPF50、PA++++のものを使い、室内で過ごすときはSPF32、PA++のものを使うといった具合です。

 

スキンケア化粧品で保湿

肌のハリやツヤには保湿が欠かせません。

普段あなたが使っている化粧品にはどんな保湿成分が配合されていますか?

そしてどんな効果が得られるものですか?

 

・・・すぐに返答できる方はなかなかいないと思います。

 

スキンケアを行う上で肌の保湿はとても大切です。

化粧品の美容成分は肌の真皮に到達することこそできませんが、表皮に浸透して肌の表面に潤いを与えてくれます。

また、肌が潤うことでバリア機能が正常に作用するようになります。

 

最初のうちは普段使っているスキンケア製品で構いませんので時間をかけてケアをしてください。

そして徐々にエイジングケア化粧品を揃えていきましょう。

 

「どれを選んだら良いのかわからない」

 

という方は口コミやランキングを参考に選んでも良いですし、店頭で店員さんに相談しても良いと思います。

自分に合った化粧品を選んで正しいエイジングケアを行うことが大切です。

 

肌のハリを保つプラスアルファのエイジングケア

化粧品には保湿成分と美容成分が同程度配合されているものはあまりありません。

どちらか片方の成分に特化しているものや、どちらも配合されているけれど配合量が少ないものがほとんどです。

そのためエイジングケアと保湿を行うにはプラスαのケアが必要だと言えます。

 

保湿と併せてエイジングケアを行う場合はエイジングケアに特化した美容液がおすすめです。

なぜなら、化粧水や乳液と違ってエイジングケアに有効な美容成分が高濃度で配合されているものが多いからです。

医薬品ではないため即効性には欠けますが、使い続けることで肌質を改善することができます。

 

美容液を選ぶときはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドに作用する下記の成分が配合されているものを選ぶと良いですよ。

 

  • ナールスゲン
  • ネオダーミル
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンA誘導体

 

まとめ

肌のハリやツヤを取り戻すには大変な努力が必要だということが分かりました。

エイジングケアに年齢は関係ありません

早ければ早いほど肌の老化を予防することができますので、ぜひ今日からエイジングケアを始めましょう。

 

*今一番人気のエイジングケア商品「ブライトエイジ」の効果をレビューしてみました!



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★









よく読まれている記事

-肌のハリ, エイジングケア

Copyright© 【暴露!】ブライトエイジが効果なしってホント?悪い口コミの真相とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.