FF16のクリア後評価レビューとエンディング考察!ベヨネッタ感とディオンにハマった俺

FF16のクリア後評価レビューとエンディング考察!ベヨネッタ感とディオンにハマった俺

年間約50本のゲームをプレイする、きらりがお届けする新作ゲームレビュー。

今回は「ファイナルファンタジー16(FINAL FANTASY XVI)」(※通称「FF16」)をプレイした正直な感想と評価レビューをお伝えします!(ややネタバレあり!)

半オープンワールドのFPS!
映画『ロボコップ』のゲーム版について
こちらのレビュー!

目次

「ファイナルファンタジー16」ってどんなゲーム?

「ファイナルファンタジー16」は、2023年6月に発売されたファイナルファンタジーシリーズのナンバリングタイトル第16作目にして、シリーズ初のアクションRPGです。

ゲーム情報

タイトル ファイナルファンタジー16(FINAL FANTASY XVI)
プラットフォーム PlayStation 5
発売日 2023年6月22日
ジャンル アクションRPG

「ファイナルファンタジー16」を楽しむための俺的レビュー!(ネタバレあり)

ここからは、ゲームについてはちょっぴり(かなり?)コアな「きらり」によるオレ的レビュー、より楽しめるポイントなどをお伝えしていきます。

※以下ネタバレが散りばめられていますので、ご注意を!

『ファイナルファンタジー』がまさかのアクションRPGに!

誰もが知っているあのFF(ファイナルファンタジー)シリーズの最新作が、まさかのアクションRPGとして登場!

これには驚き!FFと言えば昔ながらのRPGだと思っていたので

そして世界観の作り込みは流石です。

物語も暗さの中に明るさがあるような、それでいて「差別」を題材にもしている重い内容。

「人が人として生きられる場所を作ること」という名言チックなコンセプトも出てくる。

みなまで説明が無い中で、映画演出のように、進行すると理解できていくストーリーと世界観も秀逸です。

今までにFFシリーズをやっていなくても今作だけで楽しめる内容となっています。

『ファイナルファンタジー16』の雰囲気だけを言うと、ダークかつファンタジーかつヨーロピアンチックな世界観。

その中で、生き別れた兄弟の謎が謎を呼び、謎を解明していくのだがやはり謎が増えて…みたいなミステリー調になっています。

アクションは誰でもクリアできるサポートつき!

アクションに変化した『FF16』ですが、難易度はそこまで高くないように思います。

というのもアクセサリーの中に、面倒な操作をオートでやってくれるものがあり、サポートが手厚いためです。

私は使いませんでした

基本的には主人公のクライヴを操作するのみで、仲間は操作せず、仲間は死なず、またMPという概念もないため呪文は使いたい放題。

今作だと技と呼びたいところだけども

華麗なアクションも出来れば、脳筋ゴリ押し的な事もできるアクションの幅。

爽快感もあり、ミドルユーザー以上も楽しめ、そして誰でもクリアできるサポートつきのシステムには感嘆の声をあげたくなります。

ベヨネッタを思わせる展開に思わず叫ぶ

『ファイナルファンタジー16』ではゲームが始まってからすぐに召喚獣が出現、そして中盤でもやはり巨大生物が登場。

これベヨネッタ3?これベヨネッタ3だろ!?ベヨネッタ3じゃね!!?

と心の中で何度も叫びました。

…とても似ている。

怪獣大戦争的な描写と、巨大生物と人間が戦うという図式も、アクションという点もかなり被っている。

が、『ベヨネッタ』ほどスタイリッシュアクションではない。

どういう意味かというと、個人的にかなりヒットしたという事です!

確かにFFのヘビーユーザーとしては、今作がRPGじゃなかったことに肩透かしをくらった人も多かったのではないかと思います。

ですが、むしろ今までRPGとしてのFFを毛嫌いしていた新規ユーザーを取り込むという革新的な狙いなのではないでしょうか?

こうした思い切った変化を吉田Pが後世に残したとも言えそうですね。

吉田PはFF14開発者としても有名な名物プロデューサーですよ〜

俺推しはディオン!キャラクターはやや地味!?

『ファイナルファンタジー16』のキャラクターに関しては相変わらず個性溢れています。

ただ、名前や見た目などから、全体的にはいつものFFよりは多少地味に感じてしまいました。

地味というのは「差別」という重い題材を扱うに際しての事情もあったのかもしれないですね…

そして、個人的に一押ししたいキャラはディオン氏

超イケメン、紳士、イイヤツ、男気、最後までイケメン、召喚獣も例のあの定番ドラゴン!

ファイナルファンタジー16 ディオン

もうイケメンすぎてキュンキュンしました〜

途中でゲイだったことが判明して、ポリコレ(※)の昨今を垣間見ましたが…。

※ポリコレとは、「ポリティカル・コレクトネス(political correctness) 」の略で、「政治的妥当性」「政治的正当性」という意味。
他者に対して、人種、性別、国籍、宗教、年齢、障がいなどを理由とした「差別的な表現を正す」という考え方。

余談ですがサウジアラビアでは発売禁止になったとか

サブストーリーはダルいかもしれない…

『ファイナルファンタジー16』のサブストーリーはハッキリ言えば、おつかい

あれ取ってきて→コッチ戻ってきて→更にあそこに行って→また戻ってきて→またあそこに行って→またあそこへ戻ってきて→ようやく終わり、のようなものが多く、移動や往復がダルかったです。

『龍が如く』のサブストーリーよりダルかった…

が、メインストーリー級の濃い話がいきなり盛り込まれたりしていて、(サブストーリーも)嫌でもやるべし!みたいな作りになっているんです。

それがちょっと残念な点でした。

考察を呼ぶエンディングが素晴らしい

今までのFFシリーズという概念を脇に置いて考えれば、『ファイナルファンタジー16』はストーリーに集中させてくれる作りになっています。

大人なダークファンタジーをコンセプトにしているだろうことはプレイするとすぐに分かります。

そして、なんと言っても、考察が考察を呼ぶラスト

バッドエンド的な悲しさがキライな人は要注意。

ハッキリ言ってしまうと、キャラクターの生死が問われるような内容なのです。

しかし、考察の余地が多分にあるラストは流石というかズルいというか…(苦笑)

個人的な感想を言わせていただくと、私は「全員生きている」という意見です。

残念ながら私の好きなあの超イケメンだけ死んでる気がしますが…

ただし、解釈は人それぞれ。

そのうちエピローグのDLCが発売されるのではないかと期待もできるエンディングでした。

ただ、どんな解釈であれ「あれはあれでよかったのかな…」と思えるバッドエンド的な作り。

これはこれで優秀なエンディングだと感じました。

評価・採点

「ファイナルファンタジー16」のオレ的評価はこちらです!

難易度
ストーリー性
おすすめ度

良かった点

  • さすがFF綺麗なグラフィック
  • プレイの幅が広く難易度も調整できるアクションは秀逸
  • ボリューム、内容ともに申し分無い作り込み
  • 召喚獣がとてもデカく怪獣大戦争のような迫力
  • シリーズをやっていなくても理解できる物語

惜しかった点

  • 好きキライの分かれる大人のダークファンタジー
  • サブストーリーがとてもおつかい的
  • キャラの存在感がちょっと薄い
  • RPGからアクションへ変化したためシリーズファンは面食らうかも

こんな人におすすめしたい!

  • 巨大な召喚獣の戦いを見たい人
  • 映画さながらの演出とストーリーを堪能したい人
  • FFをシリーズをやったことが無い人
  • イケメンが好きな人
  • ダークファンタジーが好きな人
  • アクションが苦手だけど物語を楽しみたい人
RPGから変化し、名作を引き継ぐ新しい世代のアクションRPGとして生まれ変わった今作。
大人なダーク、差別を扱う重いストーリー、イケメン大好き、大きい怪獣大好き、FFがそもそも大好きという方は絶対にプレイしたほうがいいです!

※DLC第一弾 Echoes of the Fallen 《空の残響》 2023年12月8日配信、第二弾 The Rising Tide《海の慟哭》 2024年春配信予定で、プレイ後追記予定。

半オープンワールドのFPS!
映画『ロボコップ』のゲーム版について
こちらのレビュー!

© SQUARE ENIX
LOGO & IMAGE ILLUSTRATION:© YOSHITAKA AMANO

目次